夢の中でも&近くまで行って見る


娘が着物を着るということを学生時代の友人に話している夢を見ました。

そうしたら可愛い被布があるから貸してあげる~というのです。

傷んだり汚したり(物によっては減ったり)する可能性があるものを「好意」で借りるのは好きではありません。

見た目は汚れていなくてもクリーニングはどうする?とか、嫌味にならない程度のお礼もしなければ・・・とか考えるのが面倒臭い・・・と夢の中でさえ細かいことを考える^^;)

さらに友人のお子さんに似合った着物がうちの娘にも似合うとは限りません。

ところがお断りしたのに、友人は大きな紙袋に着物を入れて持って来てくれた

さ~て困った(借りたからには着せないわけにはいかない)と思ってよく見ると、「身長110cm用」の表示が目に入り、「うちの娘はもう大人なので、残念だけど小さすぎる。」とホッとしながら辞退。

夢くらい、面白可笑しいのを見たいものです。

引っ越しの手伝いも、プロに頼んだ方が安上がりだったり、万が一あちこち破損した場合も安心だったりします。

友人同士で奢ったり奢られたりも滅多に無く、割り勘が基本で、それが一番気楽。

奢り、奢られにも慣れと才能が必要で、そのどちらも無い私は割り勘最上です。

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

郵政が民営化され民間宅配業者との競争が激化し、主にヤマト運輸との仁義無き戦いが繰り広げられています。

レターパック、レターパックプラス、クリックポスト(ヤフーと提携)、そして最近知ったスマートメール。

それぞれに厚さ、重さ、大きさ、信書の可否などの制限がありますが、謳い文句は「ポスト投函OK」

次々商品開発し、ポスト投函OKと喧伝しながら、一方では着々と ポスト撤去しているのか・・・と憮然としたのが夕べのことです。

そして今日、5%オフのスーパーに行く途中、ふと目を向けると
yjimage_20161218151235209.jpg

きれいに雪を払い除けられて元の場所にありました。

わざわざ近くまで行って見ましたが、高く高く積み上げられていた雪山もポスト周りだけは排雪されていました。

どれくらいの時間、雪山に埋もれていたのかは知りませんが、中の郵便物の遅れや水濡れは大丈夫だったのでしょうか?

20年以上この地に住み、ヤフオク!発送もあることからポストはよく利用しますが、大雪だからといって雪山に埋もれたことは初めてです。

多分、除雪の初動でポスト付近に雪を積み上げ、積み上げたことでポストが見えなくなり、その後は無いものとして山を築いてしまったのでしょう。

公道の除排雪は、冬場工事が不能になる地元土木業者の「飯のタネ」でもあり、その費用は税金で賄われています。

大雪は正確に予想することも防ぐこともできませんが、テキトーな仕事をされては困ります

二度と無いことを祈っていますが、冬場は違うポストを利用した方が安全かもしれません(´・ω・`)

利用者が少ないポストの撤去はしているようなので、この先もずっと安泰とは言えませんが、マンションが林立している地域なので面積の割には世帯数は多く、小さな事業所も多々有る商業地域(住居専用地域ではないのでパチ屋ができても文句は言えない)なので残ってくれるといいなぁとは思っています。

民営化以後、他社と競争をしつつ効率化で収益を上げなければならなくなった日本郵便・・・の立場は理解できます。

普通郵便の配達も昔は1日2回でしたが1回になり、ポストの集荷回数も減りましたが、それはそれで構いません。

ただ、日本郵便は郵政時代からの流れで信書の配達を握っています。

握っている特権を離さないなら、ポストの撤去も(地主の許可が得られない場合は仕方ありませんが)これ以上加速しないでいただきたいと思うのは老境に入った証拠?


本日の夕食はぎょうざ、春雨サラダ、揚げ出し豆腐、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!