メンチカツ&おっと!そう来たか


寒さもひと休み(本当に1日だけ)、今日は最低気温がプラス1℃



高速逆走、認知衰え6割…「判定」後も運転続け

これじゃ、何のための検査なのかわかりません


冷凍してあったハンバーグ種に衣をつけて・・・のメンチカツを初めて試しましたが、問題無くできました。

(冷凍すると味が落ちる・・・などの問題は無視)

O157騒ぎの後だけに、しっかり、じっくり加熱。

今後、ハンバーグを作る時は、ビーフシチューまたはハヤシライスのルーを使った(インチキ)デミグラス風、照り焼き、メンチカツと3回分仕込むかな。

何せ料理は嫌いなので、フライ系は素材に塩、胡椒→衣をつける→揚げるの手順だけでもうんざりなのです。

それなのに衣をつける前に一仕事があるコロッケやメンチカツは面倒で面倒で・・・好きなのに滅多に作りませんが、ハンバーグ種ができていれば少し楽です。

一度にたくさん作るとなると玉ねぎのみじん切りがこれまた嫌で、フードプロセッサーが欲しくなります。

が、置き場所を取るし、仕舞い込めば出し入れが面倒。

さらに友人宅で洗ってあるのを見たら分解してあり、「それ、使うたびにそうやって洗って乾かすのね~」と言ったら、「そうだよ~これくらい何でもないよ~」。

いやいや、それはそれで十分に面倒くさいわ 

私の不精に死角はありません(`・ω・´)

私の中では、メンチカツ=合い挽き肉のイメージでしたが、ネットで見ると豚も多くて玉ねぎは生のまま混ぜています。

ハンバーグもあえて玉ねぎを炒めずに食感を楽しむ~というレシピもあります。

1工程抜けるのは大歓迎なので試しましたが、残念無念、私の好みではありませんでした。

そのうち、豚挽き肉のメンチカツも試してみます。

その時は、同じ種で2食分を肉団子、1食分をメンチカツにする予定です。

そうすると玉ねぎのみじん切りが・・・

ホント嫌、こうして先の献立を考えているだけでゲッソリします。

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

今秋、半世紀以上の時を経て、東京で幼馴染と会うことができました。

いつか会いたいけれど会えないだろうと思っていただけにとても嬉しかったのです。

さらに、出掛けに夫からグチグチ言われることなくホテルから気分良く待ち合わせ場所へ向かえる旅先の開放感、実母の用件も済んだ~ので私としてはハイテンションだったのでしょう。

先日、その幼馴染から手紙が来て、「何があってもケロッと明るく生きていて羨ましい。」と

おっと!そう来たか・・・で苦笑するしかありません。

思えば、友とお互いに深刻な話をして、一緒に涙したのは高校生のころが最後です。

それ以後は敢えてそういう話題は避けているかな。

それじゃ本当の友だちとは言わない・・・と思う人もいるでしょうし、事実そうなのかもしれません。

お子さんの完治することがない病気のことなどを、泣いたり嘆いたりすることなく話す友人を見ると、「ああ、一山超えたんだなぁ。」と感じ、それまでの「言うに言えない期間」の辛さと悩みの深さを感じます。

その同じ友人と、高校時代にメソメソしながら語り合ったことは(その時はその時で重大でしたが)大したことでもなかったような気がします。

友「お金無いわ~あはは

私「ホント、お金無いわ~」

よく繰り返される会話ですが、友と私ではお金が無いレベルが違います。

が、借金を申し込むつもり・・・以外ではくどくど言っても仕方無い。

本当に、いつも「ケロッと明るく」生きていけたら良いけれど、現実は・・・


本日の夕食はしめ鯖、油揚げ袋煮(白滝、豚挽き肉)、揚げ茄子、味噌汁、漬け物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!