年金をもらった人がいない


夫からメールがあり、帰りの飛行機も遅れ、機内食が出るので夕食は不要とのこと。

わーい、わーい・・・ですが、明日は八百屋さんが休みなので、買い物は行かなくてはなりません。

002_20161112180601f4b.jpg

この他に筍(もちろん中国産)を買って1182円でした。

私一人なら、りんごもバナナもレタスも要らない・・・けどね。

そんなことを思ったところで何の足しにもなりません(´・ω・`)

夫の朝食用の食パンは楽天期間限定ポイントで支払うつもりでしたが、実店舗でEdyを使うと山分けキャンペーン中なのでEdyでシャリーン。

こういう情報って、全部集めて取捨選択して少しでも得しようと思ったら結構大変なんですよ。

忘れっぽいですから。

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

先日、友人と電話で話していた時に、「うちの家族は誰も年金をもらってないから」と言われて、「あああああ

友人の一家(実家)はいわゆる公務員一家で、教員、税務署、公立病院、役場などで働いていました。

家族のうちで公務員でないのは友人だけ^^;)

ご両親は(当時のことで)55歳の定年まで勤め上げ、老後は便利な所に住むために、田舎を引き払って札幌に家を建てたのです。

ところが、年金受給前に相次いで亡くなってしまい、私が知り合った時にはすでにいらっしゃいませんでした。

それはもちろん聞いて知っていましたが、30代の頃は年金をもらい損ねたなんてことは思い浮かばず、頼る実家が無いことを同情してただけ・・・

経済的に頼るということではなく、一人っ子ならともかく2人以上の育児中は病気のときに困ったりします。

年の離れたお姉さんがいたのですが、その方も随分前に50代で亡くなりました。

なので、お兄さんが数年後に受給資格を得たら、一家で初の受給者となるのです。

そんなこともあり、友人は長いことパート先で厚生年金に加入していたけれど、「あまりもらえる気がしない・・・」と言います。

現在は一本化されましたが、共済年金ですから定年まで勤めたご両親にしろ、勤めるつもりだったお姉さんにしろ、かなりな年金を受給できたはずです。

特にご両親世代は70歳まで生きれば受給額>支払額になるオイシイ世代。

モッタイナイと言ったところで、寿命には逆らえません(´・ω・`)

定年、または定年間近まで働き、受給を待つうちに亡くなるって、国にとってはウハウハ・・・なんて、ヤラシイことも考えてしまいます。

高齢者人口の増加が激しいので、60歳から65歳に引き上げたところで財源に「ゆとり」なんて生まれてないでしょうが、この期間に亡くなって未受給のまま生涯を終える人もたくさんいます。

将来は70歳受給開始なんていう話もありますが、「死ぬのを待っている」感が露骨過ぎだわ~

ご両親やお姉さんの分までも取り戻すつもりで・・・は無理でしょうが、友人には長生きしてたくさん受給して欲しいです。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!