大統領が決まりました


イギリスのEU離脱が賛成多数になりましたから、トランプ大統領もありそうな感じでした。

トランプ氏の支持者は熱狂的でしたが、クリントン氏の方は「トランプ氏が嫌いだから」という人も多かった印象で、こういう消去法の選択では支持基盤が弱い・・・

加えて「女性」大統領というガラスの天井も作用したのでしょう。

女にだらしない男より、それで弱味を握って強気になる女を嫌いな女もかなり多い気がします。

地味で堅実、(内実は藪の中でも)良妻賢母型の女性の方が受け入れられやすいのかもしれません。

年初から2回目の「まさか」が起き、世の中は大きく変わってきています。

平和のため~を錦の御旗に今までさんざん手出し口出ししてきていますから、そこらへんは突然「や~めたっ」では困ります。

野党でいる間は、難癖だけつけていれば済みますが、いざ自身が大統領になればできることとできないことがあることくらいトランプ氏が一番よく知っているでしょう。

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

釜風呂でさんざん高温蒸気を浴びて、娘からもらったクレイを塗りたくったせいかお肌の調子がいいです^^;)

年だ年だ~と連呼するのは聞き苦しい(見苦しい?)けれど、還暦ともなれば若い子とは違います。

入浴前には必ず体重を計り、喉が渇いたと自覚する前にせっせと水を飲む!

それでも入浴後は体重が落ちますが、銭湯で倒れたりはしたくないです。

バス代の往復420円はちょっと惜しいけれど、車持ちのことを考えれば安いと割り切る(`・ω・´)


012_20161109175207e9f.jpg

口呼吸防止のための顎支えは、タオルを止めて日本手ぬぐいにしてみたら調子がイイです。

スポンジを巻きつけたことで、当たりが柔らかくなったので、タオルの弾力が無くても平気になりました。

鼻づまりがある人は別ですが、口呼吸になるのは頭皮や舌も含めた筋肉が弱って締まりが無くなるからですが、癖もあります。

若い人だって口呼吸に悩んでいる人もいます。

だから、毎晩顎を支え続けて口呼吸を防いでいると・・・そのうちにあまり口をパカッと開けなくなるんです。

私の場合は・・・ですけど。

そうなると面倒なので対策を怠り、また逆戻りしちゃうのです。


灯油の減り方が激しくて、今月だけですでに52.5リットル買っています。

あと2回ほど間をおかずに買いに行けば、そこそこの備蓄が達成できると思っているのですがお天気次第です。

明日は街の銀行に行きたいけれど、起きた時の気分次第かな。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!