加齢臭対策はお金がかかる


最低気温はとうとう1℃で、とても寒い上に雨です。

いつ雪に変わってもおかしくありません。

灯油の減り方も早くて「うわ」って感じですが、春~秋、全くストーブを焚かない真夏でも毎月灯油代として1万円プールしているので、我慢せずにガンガン焚きます。

もちろんしっかり着て、首にはスカーフも巻いていますが、室内でダウンを羽織ってまでは我慢しない・・・ということです。

緑色の野菜が無いので八百屋さんに行きたかったのだけれど・・・

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

夫は休みになれば、あちこちフラフラ出歩くのですが、先日も夜になってから本屋へ。

帰って来て、私が座っている横を通ったらすごく臭い

(アレルギーはあっても嗅覚は衰えないのねぇ)

しかも30分ほど経っても、残り香が漂うンです。

で、仕方が無いので、「臭うから上着(コート?)をクリーニングに出せ。」と言ったら、家で洗えるのですぐに洗え・・・と(´・ω・`)

すぐに洗って干せば明朝までには乾く・・・と言いますが、「はぁ面倒臭い。」

普段から加齢臭が酷いので、酸素系漂白剤で浸け置き洗いしていますが、夜になってからじゃやってられません。

そこで思い出したのがレノア消臭ビーズの試供品です。

レビューを見たら、消臭ビーズ自体の臭いが強くて、半分の使用量でもかなりキツイという意見も多かったので引き出しに入れたままだったのです。

とりあえず半分使って洗濯してみたら、なるほど!トイレの芳香剤チックな香りです。

柔軟剤や香水によるスメルハラスメントも問題になっていますが、さて加齢臭とどっちがいいのでしょう。

考えた結果、夫の臭いよりは消臭ビーズの臭いを選び、本製品を購入しました。

003_201610301748113f1.jpg

これ、700円くらいしますから高いのです。

しかも私にとっては決して心地よい香りではありません(´・ω・`)

私の衣類の洗濯をする時は使いませんが、家じゅうにこの香りが満ち満ちてうんざりします。

本来なら洗剤と柔軟剤だけで済むはずの洗濯のコストが、酸素系漂白剤と消臭ビーズで一気に跳ね上がるわ。

それにしても夫自身はどうして気付かないのか不思議でもあり、自分では気付かないなら私はどんな臭いを放っているのか不安にもなります。


早めにブログ更新して時間稼ぎをしてみたけれど雨は止まず

八百屋さんは諦めます。


本日の夕食は鯖かぶら漬け(しめ鯖)と刺身若布、湯豆腐、揚げ茄子、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!