アトピービジネスを思い出す


003_20161025163044a4c.jpg

稀に、夜遅くなってからジャンクな食べ物が思い浮かぶことがあり、そうなると食べるまで囚われる^^;)

ということで、昼食はインスタントの塩ラーメン!

いざ翌日食べてみると、そんなに美味しいわけじゃないんだけど、思い残すことは減った感じです。


ヤフオクは2件発送で利益は230円くらい。

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

時々考えるのは・・・明治生まれの祖母(もちろんとっくに故人)は、今の私の年よりずっと早くに姑となって「自分の身の回りのこと以外何もしない人」でした。

特に、できることでも嫁にさせるのが姑のステイタスと考えているタイプでしたから、ちょっとした書類も全部母にお任せしていました。

祖母自身はいわゆる未婚の母で、家庭的な人ではなかったこともあり、自分なりの家事のノウハウを持っているわけじゃないのに、他所の家庭の漬物が美味しいから漬けろとか要求が激しい(´・ω・`)

それでいて我が家流のレシピなんて皆無なわけです。

この時期になると、4玉ずつ袋に入った白菜や10本ずつ束になった大根の予約が始まります。

同じ時期に漬け込むとしても、北海道は寒いので外で大根や白菜を洗ったり漬けたりは大変でした。

いくつもの大きな樽は物置に置かれ、冬は半分凍っていますから、ボールを片手に取りに行くのも難行苦行。

それでいて「食べごろ」はとても短く、美味しいと感じられるのはほんのひと月ほどだったかなぁ。

野菜が収穫できない時期の保存食でもあったけれど、手間隙とかかるお金の割には微妙な食べ物でした。

それに比べると夏場の糠味噌漬けは、いつでも新鮮で美味しかったけど、あれはあれでお手入れが大変です。

祖母にしろ、退職後の父にしろ、「何もしない人」でしたが認知症にならぬうちに亡くなりました。

そう考えると、何かをすれば(何かを避ければ)認知症を防げるというのも眉唾に思えてしまいます。

最近はあまり聞かない(子どもが成人したから?)けれど、ひと頃よく目にしたのが「アトピービジネス」という語句。

アトピーは本人にとっても親にとっても本当に辛い症状で、藁にも縋る気持ちになります。

体験談や広告が「ウソ」とは言いませんが、アナタに効いた物がワタシにも効くとは限らず悪化することさえあります。

今後、認知症ビジネスも箱物を含むサービス、薬、サプリメントで大きなお金が動くのでしょうが、将来がある「子どものため」とは違うからさほどでもないかなぁ・・・

今どき、私の年で子ども世帯と完全同居するとしたら、何もかもお嫁さん任せどころか家事全般を一手に引き受ける覚悟が必要です。

食べたい時にインスタントラーメンを食べる自由を確保できるくらいで満足しなくちゃダメなんでしょうかね。


本日の夕食は塩鮭、ほうれん草胡麻和え、煮物(厚揚げ、昆布、大根、人参)、味噌汁、漬け物、佃煮

ほうれん草は茹でた、煮物はすでに火にかけた・・・ので半分終了。

ヤフオク出品をがんばろう。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!