石橋を叩いて壊す


昨日から話題になっているのが

内定一転 最高賞取り消し/黒石写真コン、被写体に自殺中学生

たまたま選んだ写真の被写体が自殺した中学生だった

ここですぐに取り消せば撮影者だって納得するしかありませんが、ご遺族に連絡して許可を得てしまった。

ご遺族が拒否していれば肖像権問題がありますからそれまででした。

が、ご遺族は快諾し、喜び、誇りに思った・・・のに、やはり(面倒は避けたいので)取り消すことにした。

自治体とはいえ構成しているのは普通の人間ですから迷ったり、戸惑ったり、厄介から逃げたいのはわかります。

石橋を叩いて壊してしまい収拾がつかなくなっているのが今ですね。

ご遺族に取り消しを伝える時に、「こういう子」が被写体であるのはふさわしくないと伝えたそうで、父親は「こういう子ってどういう子ですか。」と怒っていらっしゃる。

お役所体質、上から目線が常態になっているので、悪気は無くても口のきき方がマズイのかもしれません。

結局、いじめ自殺を隠蔽しようとしているのでは?役所にいじめた側の関係者がいるのでは?とまで言われることになりました。

観光客誘致も目的とした写真なら、壮絶ないじめの末に自殺した方が被写体であることは避けたいという意見が出るのは理解できるのですが、あまりにもスマートさに欠けたために役所も撮影者もご遺族も傷付いてしまいました。

中途半端な気遣いならしない方がマシってことですよね(´・ω・`)

それはともかく、死んでしまいたいという気持ちを持ちながらも、あんなに晴れやかな笑顔を見せることができる~ということが衝撃的だし悲しいです。

此岸と彼岸を隔てる川幅はほんのひとまたぎだったのかなぁ。

死ぬくらいなら学校なんて行かなくて良い~というのは正論ですが、学校に行かずに大好きな手踊りだけを気持ち良く仲間と続けて行けるか?といえば当人が真面目であるほど難しく、親が思う以上に不登校はハードルが高いのだと思います。

不測の事態で名前と顔が公表され、「青森の女子中学生」であった時よりやはり傷ましさは募ります。

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

眼科の待合室にあった雑誌に、栗原はるみさんのご家族に好評なメニューという特集ページがあり、ご子息のお気に入りが「麻婆春雨」

秘密は、牛肉を細かく刻んで入れること・・・となっていて美味しそうだと思ったのです。

005_20161019182430bda.jpg

たまたま冷凍庫に(肉じゃがでもしようかと)残してあった黒毛和牛の切り落としが100gほどあったので先日作ったのです。

が・・・

調味料は違うのに、「すき焼きの残りの白滝」っぽい感じでイマイチでした。

残りは昼食に食べていますが、まだ↑これだけあり飽きています。

普通に豚挽き肉で作った方が美味しかったと私は思い、個人の好みは様々だわ~と思った次第。

切り落としとはいえ豚や鶏より高かったので勿体無いことをしたわ(´・ω・`)


本日の夕食は鯖のかぶら漬け(しめ鯖)とアボカド、切り干し大根の煮物、湯豆腐、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!