片側だけに視点を据える


今期初の灯油買い出動!

9月の末に8年ぶりにOPECが減産を決め、高くなるなぁと思っていました。

結果・・・

5月末の単価が1リットル55円、本日は62円

これからは、灯油を買いに行く仕事増え、定期的にお金も減ります(´・ω・`)


ドラッグストアでEdyを使ってみました。

初めて使う私はドキドキ、さらにレジのおばちゃんもEdyの支払い処理は初めてでドキドキ。

おばちゃん2人、ダブルドキドキで無事に支払い完了した時にはお互いに「ほっ」

レジさん : はぁ良かったです^^;)

私 : ほんとに^^;)

わずか300円ばかりのお支払いに緊張しました。

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

テレビを見ていた夫が、介護が必要になってもグループホームなどには入らず家に居ると言いました。

つくづく思ったのは・・・

この人には「介護してもらう自分」側にしか視点が無いこと。

妻子が要介護になった自分の面倒を無理してでも看るのが当然!と思えば、そりゃぁ自宅にいる方が望ましいでしょう。

中級~高級老人ホームに入居する人々は、「自立」が原則のホームが多いこともあり切羽詰って転がり込んだわけじゃないこともあります。

将来的に考えて、それが自宅にいるよりベターな(もしくはベストな)選択と信じ、終の棲家として自らチョイスするわけですが、これは誰もが利用できるわけじゃありません。

一方、グループホーム、病院、老健、特養などは、被介護者、介護者が「もう無理!」となって助けを求めるイメージです。

夫は、私が父の入院中に付き添いに行く時でもグチグチ言ったりした人です。

もしも、私が先にボケたりしたら・・・

夜中に何度も起こされたり、朝っぱらから下の始末に追われたり、デイサービス中しか外出できなかったり、そんなことは全部乗り越えて自宅で介護する覚悟をしているとは思えません。

あくまでも「自分は最期まで自宅で介護して欲しい」なのです。

先ず隗より始めよ

今は元気でいる夫の両親が要介護になった時、八面六臂の活躍でもすれば少しは見直すかもしれないけどねぇ・・・

特にマンション住まいは、小火とか水漏れ事故とか騒音とか他人のメイルボックスに手を突っ込むとか、認知症のトラブルの種も多いのです。

介護はしたくないけど、介護はされたいって図々しいよなぁ

私は夫の介護で共倒れになるのは御免だし、子どもたちの生活を犠牲にするつもりもありません。

私の介護のために夫や子どもが共倒れになるも望みません。

いずれにせよ「いざ」に備えて必要なのはお金だわ~

などなど色々考えますが、考えが口から漏れるとケンカになるだけなので、返事は「ふ~ん」

かくして益々会話は減少中!


本日の夕食は豚生姜焼き、もやしとピーマンお浸し、かぼちゃ煮物、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!