厄介&あっちが駄目ならこっち



千葉で弟をバラバラにした25歳女性。

どんな理由があったとしても人を殺してしまっては自分の人生も終わる~ことくらいは誰でもわかるはず。

それでも家を出ない・・・ってところが家族の厄介さなんでしょう。

千葉の事件では、弟の友人の通報が発覚のきっかけになりました。

同居の姉がいるのに年中我が物顔に入り浸って大音声でゲームをしていた友人たち・・・です。

全部・・・とは言いませんが、私の周りの男性はトイレや浴室の使い方が汚いです。

時間にお構いなく何人も出入りされたのでは音以外でもストレスも大きかったことでしょう(´・ω・`)

2000年に建てた家で、両親が離婚後に父親が孤独死し、姉弟の2人で住んでいたそうです。

パッパと売却して遺産分割していれば・・・というタラレバ。

-----------------------------------
広告

-----------------------------------

情が湧かなかったとしても・・・もう少し実母の話に毒が少なければ、まだしも聞き易いのです。

話をしても楽しくないんです(´・ω・`)

結局、養子(養女)との関係が悪化したことが今回の騒動の原因なのでしょうが、「あっちが駄目ならこっち」とはいきませんよね。

まぁ、それでも年を取り、思うように動けなくなると自己中心的になりがちなものですから、反面教師、他山の石として心には留めておくつもりです。

私だって、今は息子と娘のどちらがより可愛いってことはありませんが、いつかそのうちに「自分の役に立つ方が可愛い」になるかもしれません。

そんなもん、乗り換えられた方はすぐに気付きますからね。

どの関係も悪化するだけです。

養子の方々もご苦労様とは思いますが、頑張ってくださいとしか言えません。

実子は親を選べませんが、成人後に養子縁組をする場合は選べるわけです。

さらに、どうしてもお互いに嫌なら離縁することもできます。

養子の方々とは会ったことがありませんし、今後も「おつきあい」をするつもりも無いのでどう考えているのかは知りません。

少しはお互いに情はあるのでしょうかね?

どちらにしても精神衛生上よろしくない関係なので、極力遠巻きにしているつもりです。

ひとつのことに拘らず、ダメだったら切り替えてパッと次へ!という柔軟性が大切な局面(たとえば就活とか)もありますが、人間関係では虻蜂取らずになることもあります。

生き別れになった親を探したいという人生相談(?)も数多くありますが、ついつい「やめときゃイイのに」と思ってしまいます。


本日は夫が休みで昼食はチャーハン

夕食はかき揚げ(玉ねぎ、人参、干しアミ)、オクラと若布のわさび醤油、味噌汁、胡瓜浅漬け、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!