家付き、カー付き、ババァ抜き



夏にどっさりもらった野菜の玉ねぎもまだ4個残っていますが、

008_20160912173952158.jpg

昨日、スーパーで398円(税抜き)で買いました。

どうもあちこちお邪魔しているブログで、玉ねぎが高い高いと目にするようになり、完全に煽られました

東川(北海道の真ん中辺り)産です。

(下手くそな)株式投資で、「買えば下がる、売れば上がる」ってあります。

これから高くなるかもしれない~と思って早めに買うと全然そんな事態にはならないような気がします。

1993年の米不足時には、そんな大騒ぎしなくても・・・と思っているうちに値上がりどころか国産米の入手自体が困難になりました。

こういう判断も高確率で外す・・・のが積み重なって今があるのです。

まぁ、玉ねぎは常温保存、長期保存OKなので網袋のまま廊下に置いておきます。

-----------------------------------
広告

-----------------------------------

結婚相手の条件が3高、高学歴、高収入、高身長と言われたこともあります。

私たちの頃は、家付き、カー付き、ババァ抜き

実際に私自身が当の「ババァ」になった今は笑うしかありません。

しかも、この時代より10年くらい寿命は延びています^^;)


遺産相続に関する裁判件数はこの30年間で2倍ほどに増え、平成24年で年間17000件余り・・・

そのうち三分の一が1000万円以下の遺産で、四分の三が5000万円以下です。

つまり5000万円を超える遺産の裁判は全体の四分の一です。

で、「遺産が少ないほどトラブルが多い」と書いている方もいますが、元々高額な遺産を残す人は少ないので、「遺産が少なくてもトラブルは多い」ですよね。

裁判となると弁護士の出番ですが、これが高い!

着手金、報酬金の他に長引けば日当(1日5万円くらいが多い)だって高額になります。

トラブルの原因は様々ですが、誰が被相続人の介護を担ったか?という場合も多いのは想像通りです。

介護することによってお金がかかったり、時間や手間がかかり、そのせいで妻はパートにすら出ることができなかったなどの主張はまだ理解できます。

でも、親が生きているうちは全く寄り付かなかった兄弟姉妹の方にも、「同居することで家賃が浮いた」という主張があるのですね

ちょっと・・・後者の言い分は私には違和感がありますが、実際にそれで争うことが多いということは「それも当たり前」の考え方なのでしょう。

都心の一等地の豪邸ならどうかわかりませんが、田舎の古家で和式トイレ、ひび割れたタイル風呂・・・で家賃タダだったんだから介護して当たり前!はねぇ・・・

我が家は貧乏ですが、いくらかの貯金(子どもの結婚式にかかるお金も含む)、ローンは残っていて築20年超えのマンション、どうなっているのか私には不明の夫の持ち株会、何よりも夫が死ねば生命保険金が1000万円下ります。

これが争いの種になれば、それぞれが弁護士に高額な費用を支払い、その上で遺恨も残るわけです。

法律で平等を定めるのは簡単ですが、いざ争いになると、過去にかかった教育費の多寡にまで話が及ぶらしい(´・ω・`)

いっそ親が文無しの方がマシってわけにもいかず、それはそれで子どもには悩みの種になります。

あまりに悲惨な知人の遺産相続の話(次回書きます)を聞いて色々と考えてしまいました(´・ω・`)


やっと夫の休暇明け

明日は健康診断があるので、午後8時以降は食事が摂れない→会社の帰りに食べてくる そうです。

なので、本日の夕食と明日の朝食はパス!

私は適当に残り物でいいわ。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!