当たり外れ



午前2時前まで雨と風がひどかったけれど札幌は恐怖を感じるほどではありませんでした。

でも、東北とか十勝地方は大変な状況。

特に岩手県の高齢者グループホームでは9人も亡くなってしまいました。

これだけ前もって「来るぞ、来るぞ」と言われていても、ほとんどの場合は大丈夫なので様子を見ているうちにどうしようもなくなったのでしょうが・・・

川っぷちの平屋に認知症高齢者9人が居住し、ご遺体の発見は施設からの通報ではなく、他の孤立情報によって現場に来ていた警察が発見・・・って状況がよくわからない。

敷地内には同じ法人が経営する3階建ての老人ホームもあるのに、結果論で責めても仕方無いとはわかっていても危機管理はどうなっていたのか疑問がわきます。

命が一番大切なのは言うまでもないけど、収穫間近な農産物への影響も計り知れません。

-----------------------------------
広告

-----------------------------------

日本年金年金機構の「ねんきんダイヤル」に問い合わせをしたことが3回あります。

3回ともすぐにつながり、ナビダイヤルでおつなぎします~「この電話は200 10 秒ごとに10円」 という妙なイントネーションと間があるコンピューター音声が流れ、その後担当者が出ます。

210秒=3分半で10円かかるわけです。

初めてかけたのは1年以上前、加給年金と振替加算の手続きについて根掘り葉掘り、2回目は2ヶ月ほど前で特別支給の老齢年金を請求するための必要書類など、3回目は数日前で前納の場合の割引き金額について・・・です。

1、2回目は打てば響くの受け答えで感心しましたが、3回目はひどかった

日本年金年金機構のHPではわかりにくい所を質問したのですが、「お調べします」と言ったまま、書類をバサバサめくる音ばかり延々・・・・

ようやく話し始めたと思ったら、1年前納について尋ねたのに「6ヶ月の場合は~」

その後もいちいち調べ物の時間が長く、質問したことと答えがずれる上、~ですね?と確認すると、そぅ・・・ですか?

~なりますよね?と尋ねれば、~だと思いますが。。。

すぐにブチ切れるのはみっともないと思って我慢していましたが、さすがに最後の方ではトゲトゲしい口調になってしまいました。

それに、あんなに時間をかけて調べては頓珍漢な回答をして、またドタバタと調べては質問に質問で答えるようでは不安で信じられません。

今後、ねんきんダイヤルに質問をする場合、コノ人駄目だ~と思ったら、すぐに切り上げて掛け直すことにします(`・ω・´)

年金事務所で相談している人は(ブースで区切られていても声だけは聞こえる)結構切実な内容が多いです。

25年に満たなくて、このままでは何年か払った分が無駄になってしまう→この期間とあの期間の内縁関係分を第3号被保険者として認めて欲しい・・・とか。

若い時って、「60歳?生きてるかどうかわかんな~い。」「頑張って払ったって少ししか貰えないしぃ」ってなるものです。

私だって、たった1年11ヶ月とはいえ厚生年金加入の記録が抜けていることに気付いたのは随分経ってからです。

年金事務所も当たり外れがあり、一昨日担当してくれた方は(社労士なのに)いちいち他の人に確認しなければ作業ができませんでした。

あああ~それなのに、昨夕、年金事務所から電話が来て・・・

来年4月から2年前納の口座振替を選択すると、今年8月~来年3月の保険料を毎月納付書で支払うことはできないと言います。

何度も確認したのに・・・な(しかも2人に)。

結局8月分は9月末までに納付書で支払い、その後は来年3月まで毎月口座引き落としか6ヶ月前納以外の2択なのだそうです。

毎月引き落としの場合だと割引は1ヶ月50円×6で300円、6ヶ月前納だと1110円の割引きです。

ゴネたところで仕方が無いので6ヶ月前納にしました。

社労士の友人によると、資格を持っていても年金に関して「よく知っている人」は非常に少ないそうです。

この友人だって専門は法人相手の労働関連法令です。

が、年金事務所に勤務しているからには、支払い方法くらい熟知してよ~

毎年毎年、改悪に次ぐ改悪が当たり前になった年金制度です。

改悪ポイントを押さえるだけで手一杯なのかなぁ。

多分、2年前納を一旦取り下げて、毎月の納付書払いを選択後、10月頃に新たに来年度以降分の2年前納を申し込めばOKなはず・・・ですが、もうイイです(´・ω・`)

スミマセン、スミマセンと謝罪しているのに責めたって仕方ありませんが、複雑な相談ごとがある方は注意した方が良さそうですよ!


本日は夫が休みで昼食はカレー(夕べの残り)

夕食は鶏ガーリックソテー、紫玉ねぎサラダ、炒り豆腐、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!