それより給食費とか教材費


台風一過で秋空高く、夏があっけなく終わりました(´・ω・`)

レスリング女子頑張りましたが・・・おめでたいのですが・・・こうなるとオリンピック競技から外すって話が再燃しそうです。(あくまでも暗い性格なので悪いことばかり思い浮かぶ)

真面目に取り組んでいる人には悪いけど、テコンドーなんてどうでも良いのに除外候補にもならない?


本日は夫の食事が不要なので夕食は適当にうどんでも食べます。

本当はラーメンの気分ですが、こういう日にお金を使ってはいけません(`・ω・´)

昨日は大雨の中、嫌々、渋々ドラッグストアにパンを買いに行きました。

前日からの雨のせいか大量に売れ残り半額になっていたので2斤ゲット!

カビると大損なので冷凍しました。

ヤフオクは1件発送で利益は280円くらいです。


私立小中授業料を補助=来年度から最大14万円―文科省

はぁ???と思うのは貧乏人の僻みでしょうか。

年収590万円未満で私立小中の学費が負担なら公立に行けばいいんですよ!

北海道のように公立志向が高いと、公立高校に通う親の平均年収や学歴は私立高校より高かったりします。

公立高校を落ちたからといって浪人するのはごくわずかですし、中卒で就職も厳しいので、仕方なく私立高校に入学させるのは十分すぎるほど理解できます。

私立高校の学費の支払いが厳しいので、涙を呑んで公立の志望校のランクを下げて受験している人もたくさんいます。

でも、小中学校となると「そこらの人とは違う特別」を好む贅沢だと思うし、それで家計が苦しいなら「分を知る」ことも大切だと私は思うのです。

こんなことにお金をばら撒くなら給食費を無料にしたら?

本当に貧しければ給食費は無料になりますが、一定数は払えるのに払いません。

払わなかった人の分は、食材費を落してやり繰りするので真面目に払っている人が馬鹿を見るシステムです。

さらに小学校はリコーダーや鍵盤ハーモニカ、絵の具セット、裁縫セットなどなど買わされますし、中学校は年度始めの教材費(ワークブックや資料集など)が毎年のしかかります。

食費はともかくとして、義務教育は無料と謳っているわりには年間でかなりのお金がかかるのです。

どうせ税金を投入するなら、公立の制服とか指定の上履きとかジャージとか、そっちの方が先じゃないのかなぁ・・・


ふふふ、ブログを書いている途中でお腹が空いたので、ざるうどんで夕食を済ませました!

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!