貧乏人ほど魚嫌いになりそうだよ



久しぶりに八百屋さんに繰り出しました。

本当は買い物はしたくなかったけど、明日は八百屋さんの定休日なので・・・

003_201608061705430dd.jpg

大袋ピーマン、バナナ、茄子、アスパラガス、ほうれん草、ささげ、レタス、オクラ、シメジ、あと画像からはみ出してるけど立派なきゅうり8本で1602円でした。

食いだめはできないけど、今のうちに野菜はたくさん食べて、冬場はもやしとかカイワレ、長ネギで・・・

期待の新星は↓
004_201608061705443ed.jpg

4こで120円(税抜き)なので普通のピーマンよりずっと高いけど、まぁこれくらいなら我が家でも買えます。

売っていたのはブラックだけ(濃い紫)ですが、調べてみたら他に赤と緑があるそうです。

料理は大嫌いだけど、これを味見するのはちょっと楽しみです。



(昨日書いた)不味いロシア産甘塩鮭は塩焼きは無理なので、南蛮漬けにでもしようかと思いますが、不味いもんは多分どうしたって不味いでしょう(´・ω・`)

油っけも旨みも無くて、塩鮭なのに塩気もなくて生臭みだけは人一倍(魚一倍?)ヤレヤレ

北海道は海産物の宝庫・・・なのでしょうが、ウニや鮑を常食するわけじゃありませんから、関東よりスーパーに並ぶ魚の種類は少ないような気がします。

例えば・・・太刀魚とかカジキ鮪なんかはありません。

好きじゃないので無くても構わないし、デパ地下にはあります。

その選択肢が少ない中で、100g200円以内で魚を探そうと思うと種類が限られます。

で、仕方なく今回のようにロシア産の紅鮭とかノルウェー産のししゃもとかオランダ産の鯵の開きなんか買うと美味しくはありません。

特にししゃもなどは、ししゃもの仲間ではあるのでしょうが色も姿も違います。

こうして値段で魚を選ぶとあまり美味しくないからどんどん魚嫌いになってしまうのです。

その点、肉ならば牛以外は国産限定でも安売り日を利用すれば100g200円以内で調達できます。

日本人の魚離れが加速して、DHAやDPAのサプリがもてはやされていますが、小さい時から価格優先で不味い魚ばかり食べていたら嫌いになるのもむべなるかな・・・です。

案外、お金持ちだと魚好きも多いのかもしれないと僻み全開。

フランスはかつて良い魚が入手しにくかったので、不味い魚を美味しく食べるために調理法や各種ソースが発達した~と何かの本で読んだことがあります。

工夫すれば美味しくすることができるのかもしれませんが、面倒臭いです。

そこまでして魚を食べたくないです(´・ω・`)


本日の夕食は肉団子の甘酢あん、冷奴、もずく酢、味噌汁、佃煮

3日に豚ひきハンバーグを作る時、半分は肉団子にして揚げておいたので今日はちょっと楽

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!