今じゃなくて良かった


昨日、スマホのことを考えていて思った・・・

子どもたちが中学生くらいまで、夏休みや冬休みには「どこか」には連れて行っていました。

「どこか」と言っても、クラスの1割ほどの子どもたちのように、ハワイだったりオーストラリアだったりではなく、近場の温泉やキャンプなどです。

関東にいたころは住宅手当がたくさん出たので、少しだけ生活が楽になったこともあり、箱根とか鬼怒川とか越後湯沢とかに2、3泊。

キャンプはなんちゃってキャンプで、テントは持っていないのでバンガローを借り、車はレンタカーで3泊くらいが平均かな。

近場の温泉に1泊2日だってまぁそれなりに家計には響きます。

で、あの時代にインターネットの回線料金や家族4人分の携帯電話料金を毎月払っていたとしたら・・・

もしかしたらどこにも行けなかったかもしれないし、行ってたとしても半分以下になっていたかもしれない。

そのほかに日帰りレジャーもあるから旅行にこだわることもないし(そもそも私は旅行は好きじゃないし)、行ったから何?ってこともないけれど、受験期を境にバタバタし始めて、その後は次々と子どもが家を出てしまえば今後家族4人で旅行することはありません。

それに、固定電話しか連絡手段が無ければ子どもの交友関係も掴みやすかったです。

もうひと世代前、私の子ども時代にはゲーム機やソフトも無く、中学時代の同級生のうち三分の一以上は高校卒業後に就職していました。(好条件の求人も多かったし)

逆にコンビニやファーストフードなんかは無かったから、高校在学中に定期的なバイトをしている生徒も少なかったはずです。

あくまでも私の周りでは・・・ですが、たまに聞くのは家庭教師くらい。

北海道は公立志向が強い土地柄なので、当時は私立高校=公立を落ちた という図式でした。

そういう負のイメージを払拭するために、私立は豪華な修学旅行を目玉にするようになり、このころから「修学旅行に行けない生徒」が目立ち始めたようです。

手当てだけばら撒いても、私の知り合いのように給食費までパチンコに突っ込む人もいます。

虐待児がたくさんいる一方で、不妊治療にヘトヘトな人もたくさんいて、何をどうすればいいのでしょうね?


日曜日にどっさり買い物をして、明日の月に3回の特売日まではお金を使わない決意でしたが、夫の朝食用のパンが無い。

う~ん、ここは頑張って、冷凍庫から過熟バナナを出してバナナブレッドを焼くべきか、ドラッグストアに行くべきか。

どっちも面倒臭くて迷います。


本日の夕食はアラビアータパスタ(ピーマン、ベーコン、たまねぎ)、サラダ(きゅうり、レタス、カリフラワー、スモークサーモン)、コンソメスープ

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!