結果論だけど、使えねぇ医療保険



夫が一足先に60歳になり、延々と掛けていた生命保険が終了。

少しずつ保険料が上がり、ここ数年は月35000円くらい、+ガン保険が年間で36000円くらい、ほかに職場の所得保障保険やら地震保険やら・・・阿呆のような保険料貧乏。

で、先日60歳になったことで、生命保険の支払いは終わり、あとは払い込みが済んだ終身保険を死んだ時に受け取るのみ。

ここで問題は医療保険は定期保険にくっついた特約だったので無くなってしまったこと。

この特約の医療保険は私も被保険者の半分くらい保障されるので、私自身の保険はず~~~~~~っと無保険だったわけです。

ちなみに35年間払い続けていましたが、保険金を受け取ったことは1度もありません。

そりゃ~ようございましたっ!とも言えるし、大損だったとも言える(´・ω・`)

で、この先どうしようか? 保険の無料相談に行こうか?と思っていたのですが、夫が会社から保険の申し込み用紙を貰ってきて「入る、入る」と大騒ぎ。

勤務先と保険会社がタイアップしているので安いと言うのですが、たいして安くもないような・・・

それでもあまりに無保険期間が長いのも危ないし、夫もうるさいし・・・でとりあえず1番安いプランを申し込みました。

夫は月2100円+80円、私は2490円です。

80円は自賠責保険で一人入れば家族全員保障されるので、万が一自転車で事故を起こした時も心強くなりました。

私の方が少し高いのは女性特有の病気の場合に保障が充実されるタイプにしたからです。

夫はそのほかにガン保険も入ってますから、390円ばかり私が高くてもいいよね?

道民共済と比べると入院保障は半分の2500円(女性特有の病気を除く)だったり、死亡保険金なんかも条件が悪いのだけれど、先進医療の1000万円が付いていることと自賠責1億円をくっ付けられるのが利点と言えば利点。

ただし、これは社員(7月からは契約社員ですが・・・)とその家族のみが対象なので、退職したらその時点で脱退です。

さて、申し込みとなると告知をしなければなりません。

申し込み用紙にはズラ~っと老眼には厳しい細かい文字で疾病名が記されていて、3年以内に診断された場合は告知します。

この時点でアウト!な病気はとても多く、その場合は申し込み不可。

私の緑内障は条件付きで加入を認めるグループの病気で、今後、緑内障はもちろん白内障や加齢性黄斑変性など視神経系統の病気は保障から除外されます。

白内障などはかなり多い病気ですし、次になるとしたらこれだろうと思っていたので何だかなぁ・・・です。

もしもこのまま夫が65歳まで契約社員として働き、私も夫も健康状態にさしたる変化がなく今回申し込んだ保険を継続したとしても、65歳時にはまた無保険になります。

その時こそ共済になりますが、加入条件は「健康な人」なので入れるかどうかはわかりません。

結局、大金を積まなければ老後の医療費の安心は得られず、大金を積めるなら保険に頼ることもない。

保険会社があんな大きなビルをポンポン建てられたのも、若くて保険金を請求しない人たちがどんどん加入したからこそ・・・だけど少子化で人口は減少する一方だし、マイナス金利で運用は厳しいし、これから先もあまり期待できないな。

医療保険が充実していたら一番助かる年代には招かれざる客になってる現実(´・ω・`)


本日の夕食は鱈のムニエル、キャベツとベーコンとコーンの炒め物、キムチ納豆、味噌汁、佃煮

スーパーの朝市でキャベツと大根が95円(税抜き)だったので、在庫があるのに買ってしまいました。

冷蔵庫に入らないので重点的に消費します。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!