認知症、逆に衝撃



昨日、実母の入居する老人ホームから電話が来た時に、当人には聞けないことを思い切って尋ねてみました。

とにかく話がループするし、さっき説明したことをまた聞く、全然違うことにすり替わる実母との会話。

最初はね、親戚のことにしろ私のことにしろ、はっきり言えば知らない人なわけで(親戚は一部知っていたとしても60年も音信不通じゃ知らないも同然)、そういう顔と名前が結びつかない、そこに行き着くまでの経過がスッポリ抜けている人のことって理解しにくし、一旦理解してもすぐにごちゃ混ぜになったりしがちだから・・・と思ったけど、それにしてもひどい(´・ω・`)

同じ年の実家の母とは全然違うんです。

これ、本人は自分の一族には認知症は一人もいないし、私もならない(`・ω・´)と言ってるけど、絶対に来てるでしょ?と思って聞いてみたわけです。

そうしたらですね、ああいう所ですから半年に1度綿密な健康診断をしているけれど、認知症ではないそうです。

直前の話をすぐに忘れるのは年齢並みの物忘れであって、話がくどいのは元々の性格(笑)などもあり、アルツハイマーなどの兆候はないのだそうです。

あ、あ、あんなに話がスムースに進まないのに(自慢話以外)???

何でもなくてもああなるのかと、逆に衝撃でした。

そりゃ~80過ぎた夫婦が「年齢並み」の物忘れをしながら老老介護なんかしてたらトラブルも起こるわ

あれだけひどくても認知症ではないということは、認知症となったら・・・・

はぁ、色々とイヤになるね・・・


本日は夫が休みで昼食は素麺とおにぎり

夕食は鶏ももソテー、アボカドときゅうりとトマトのサラダ、とろろ、味噌汁、漬物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!