寂しいでしょう?それは寂しいですね。



ストーブを焚くほどではないけどスカスカ寒い。

最高気温23℃になってるけど、そんなにあるかなぁ・・・


この日に書いたように、娘の義両親からお中元が届いた電話が来た時

まあ、お互いに話題なんてロクに無いんです



「息子さんはまだ帰国しないんですか?」と聞かれ、

「ええ、まだもう少し先です。」と答えると

(チッ、娘、余計なことを言うでない)←心の声

「まぁ!それは寂しいでしょう?!」と仰る。

「いえ、それほどでもないですけど心配はしています。」と答えると

「寂しいですよねぇ。」と来る。

欧州は今物騒ですから心配はしてますが、元々同居していたわけじゃないし寂しいということはないです。

以前、友人が一人っ子の娘を東京の大学に進学させた時、あちこちで「寂しいでしょ?」と言われてうんざりしたと言ってたけど、多分言う方は「良い天気ですね。」と同じ感覚で口にするのでしょう。

この友人の場合はお嬢さんと色々と確執もあり、お互いに少し離れたい気持ちがあったためにあえて遠方の大学を選んだ経緯がありました。

ですから一言では言えない感情があったわけで、だからと言っていちいち親しくもない人に説明することもない・・・

結局、「ええ、とても寂しいです。」と答えるのが一番手っ取り早いかとも思ったそうですが、そうでしょうとも!で話は続くのであまり効果は無かったそうです。

私の場合、この「寂しいでしょう攻撃」で一番困ったのは夫の単身赴任時です。

控えめに「そうでもないです。」などと言えば、「だって力仕事とか男手が無いと困るでしょう?」と言われます。

いちいち、夫は力仕事どころか電球ひとつ取り替えませんから留守でも困りませんなんて言うのは面倒だし変です。

だからと言って子どもならともかく、嘘でも「寂しくて、寂しくて・・・」なんて言えません。

まぁ、親しい人はそんなことは言いません。

へらへら笑って「帰って来てからが大変よぉ。」です。

いずれ円滑な人間関係の継続のためには、「はぁ」とか「へぇ」とかあいまいな返事で良いのでしょう。

亡くなった父方の祖母などはこの手の問いかけが大好きな人でした。

寂しいでしょう、大変でしょう、痛いでしょうなどなど負の問いかけには嬉々として乗っかり、デフォルメされた身の上話が延々と続きます。

逆に、お元気そう、幸せですね、若々しいなど正の問いかけには、憤懣やる方無いとばかりに実は憐れな身の上である話が延々と続きます。

気軽に放った一言に食いつかれた相手は困惑していてもお構いなしです。

切り上げたくでも切り上げられない相手は気の毒ですが、餌をまいたのだから仕方ありません。

どっちにしても気心が知れない相手との会話は疲れ、自分で思っている以上にコミュ障なのかも・・・


本日の夕食は豚と玉ねぎとしめじの炒め物、鱈子とこんにゃくの煮物、冷奴、味噌汁、漬物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!