震災後


茨木市の老人ホーム 扉固定し認知症の女性閉じ込め

(この記事のまま)認知症で徘徊がある入居者の居室に夜間鍵をかけるのは虐待になるの?

外だけでなく、ホーム内を夜中に徘徊して騒音を立てたりしたら他の入居者も困りますよね。

認知症患者は受け入れないホームが増えるだけのような気がしますが・・・


ラサーナのヘアカラートリートメント

ポチるまでは元気(実質無料ですし)だったのに、いざ届いたら面倒くさい(´・ω・`)

昨日、ようやく1回目使用しましたが、写真がねぇ・・・うまく撮れず、これじゃ参考にならないと思うとレポる気力が失せてくる。

別にバイアスかかっている(写真写りが良いとか、悪いとか)わけじゃないのに、見たまま写らないのはカメラが悪いのかなぁ・・・

:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜

年若い知人のYちゃんがご主人の転勤で東北某県に引っ越して3ヶ月ほどが過ぎました。

どこに引越ししても、子どもが小さいと保護者会などでママ友、友だちでないにしても知り合いはすぐにできます。

あまり人の出入りが無い地域だと転入者は割と目立ち、「どこから来たの?」となります。

ここまではまぁ、どこでも一緒ですが、このあと「震災の時はどこにいたの?」と聞かれるのだそうです。

で、「北海道」と答えると、何となく白けた雰囲気が漂うのだそうです。

それで、ブツリと会話が途切れるとか、いやな顔をされるとか、仲間外れにされるとか、そういうことは全然ありません。

元々、Yちゃんは妙なことにこだわって一人で病んだりするタイプでもありますから、単なる気のせいの可能性もあると思います。

震災時、あまりの出来事にオロオロしたり、絶望的な気持ちになったとしても被災していないものは被災していない。

辛さ、苦しさは想像するだけという後ろめたさ、申し訳なさみたいな感情が逆に被害妄想みたになっているのかもしれません。

ただ、一方では、子どもの年齢が同じお母さんたちは、赤ん坊を抱えてミルクが、おしめが、水が足りずに困った時期を乗り越え、家族や家屋や職場を無くしながらも踏ん張った仲間でもあるわけです。

多分・・・単なる想像だけど、同じ体験をしてきた者同士の連帯感はあるんじゃないかな・・・

役所関係の事務所が何箇所かに分割されて、そのうちのいくつかはプレハブだったり、まだまだ本格的な復興は覚束ない。

と、書いていても結局何が言いたいのか自分でもよくわからん(´・ω・`)

とりあえずYちゃんには、壁があるような気がするという壁を自分で作らずに元気で頑張って欲しいです。


本日は夫が休みで昼食はカレーうどん

夕食はまぐろの山かけ、かぼちゃの煮物、豆腐としめじの照り焼き、味噌汁、漬物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!