よそ様のブログで改めて気付いた


ホント、しつこくて悪いけど寒いわ・・・

通常、札幌はお祭り(6月15日)を境に夏服になるんだけど、結局寒いから女子中高生はカーディガンを羽織る。

娘が当該年齢だった時はイーストボーイとかラルフローレンの綿混カーデ。

いまどきはどのブランドが主流なのかなぁ。

そう言えば図書館で見かけた女子高生は目にも眩しい真っ白なセーラー服で、階段を一段飛ばしで駆け上がっていました。

ひたすら若さが羨ましくて、ついつい見蕩れてしまいました

:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜

よそ様のブログうつくしく上品な暮らしを読んでいて今更気付いたのは、火災保険も地震保険も一体どれだけの保障があるのか全く理解していないこと。

地震多発で各社一斉に保険料を上げ、お隣の奥様が地震保険を止めようと思うんだけど・・・と相談されたのは数ヶ月前。

自然相手に絶対なんて言葉は使えないけど、多分ここは地震や水害、土砂崩れの心配は無いです。

マンションの管理組合も水害に関しては保障を外したそうです(管理費節約のため)

ただ、火災に関しては一戸建てよりずっとずっとリスクは大きいし、住民は入れ替わりもあるけれど高齢化は進んでいます。

管理組合で加入している保険と個別に加入している保険の保障内容の線引きもわかりません。

火災保険は住宅購入時は金融公庫経由で契約、現在はローンを借り替えた銀行が保険料を払っていますが、そりゃ建前で・・・そんなものは利息から払っています。

どちらにしても自ら比較検討することもなく「されるがまま」


脳梗塞で倒れたとか癌が見つかったとか雪道で転んで骨折したとか、聞くたびに「明日は我が身」「他人事じゃない」と思います。

死なない人はいませんから、無保険の私は「いつか」が心配で入院保障を見比べたりしています。

エントランスに何社ものデイサービスの送迎バスが横付けされるのを見ると、中にはボケてる人もいるはずで火災は地震よりずっと恐ろしい。

頭では理解しているつもりでも、結局はどこかで「火事に遭うはずがない」と思っているんだな・・・

きゅうり1本が48円か58円かはすごく気になるのに、もっと大きなことには無関心というのは困ります(´・ω・`)

住宅ローンの終了後(まだまだまだまだずっと先)に備えて仕組みも理解しておかなくちゃ

世の中、わからぬことだらけで、一生懸命調べても理解できないことも多く、理解できてもすぐに忘れてしまうことも多く、しっかりした年寄りになるのも大変だヮ。


本日の夕食は豚生姜焼き(キャベツ)、ピーマンとモヤシのお浸し、コーンバター炒め、味噌汁、漬物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック