計算通り・・・なのに減らない借金



週刊誌の記事ですから真偽不明ですが、谷亮子さんが自民党から出馬?

あれ?今さっき山本太郎さんと手と手を重ねてなかったっけ?

ここまで節操が無いと逆に清々しいけど・・・


002_20160616163816427.jpg

少し前に息子の奨学金の返済記録のハガキが届いていました。

無利子なので、返済分はキッチリと借り入れ元金から引かれています。

住宅ローンのように、当初は返しても返してもほとんどが利息・・・なんてことはありません。

なのに毎年、見る度に「全然減ってねぇ!」と感じてしまいます。

無利子で借りられた時は有り難かったんですよ。

でも、いざ返済となると「はぁ~」ってなる。

これだから、他人にお金なんか貸せないと自分を見ていてそう思う(´・ω・`)

学費の考え方はそれぞれで、私の周りには十分な余裕があっても高校卒業後の学費は出さない親も数人います。

ただし、お子様方はすごく優秀です。

飛びぬけた頭脳でなかったとしても、健康でいれば職に困らず、比較的高給を望める分野の専攻なら子どもの自立心任せでも困らないでしょう。

大変そうなのは学費を借りたにもかかわらずお子さんが就職試験に失敗し、引き篭もりになってしまった友人です。

上手く行けば公務員になっていたはずで、専門学校時代の奨学金なら(楽ではなくても)返せたはずが、生活費全般がシングルマザーの友人の肩にかかっています。

結果だけ見れば専門学校は無駄でしたが、やる前から分かるわけがありません。

経済状態だけでなく、親子の考え方や進路によって、学費を誰がどう負担するかに正解はありません。

私などはゆとりある暮しをしていて、子どもは凄く優秀で3本の指に入るほどの大学に通い~なら学費くらい出してあげればいいのに~と思いますが、それは言わないお約束にしています。

それにしても貯金は増えず、借金は減らない(しつこい)


本日の夕食はとり天、もやしのナムル、湯豆腐、味噌汁、漬物

今日もストーブ焚いてます。

土鍋を洗うのが面倒臭いので冷奴にしたいのですが湯豆腐です。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!