年金、色々調べてはいたけれど結局・・・



ヤフオクは2件発送で利益は330円くらい。

これで一段落(?)してしまったのでアクションを起こさなければ永遠のゼロ。

ダラダラ過ごす1日は、ヤフオクを頑張ればライティングがお留守、ライティングを頑張ればヤフオクがお留守。

久しぶりにライティングもやっていますが、相変わらず時給20円とか30円とかそんなもの・・・

そりゃ、休んでいる間に何の努力もしていないのですからスキルが上がるわけがありません。

問題はこれからhow to物を読んで勉強してもスキルアップする気がしないこと。

ただね、ここまで低スキルだと2、3ヶ月休んでいても逆にブランクを感じさせません(´・ω・`)

良いんだか、悪いんだか・・・ですが、休み休みでも頑張ります。

:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜

(自分のせいで)少ない年金から目を逸らし続けているうちに50代後半になり、何が何だか(・ω<)テヘ・・・で済まなくなり、本を借りて調べ始めたのが2年ほど前・・・

ふん、ふん、なるほど・・・と思いながら、ノートにまとめていましたが、今見ると結構忘れてる。

細かい部分で変更になったところもある。

いざ請求となると色々と疑問点も出てきました。

社労士の友人にメールか電話で聞こうかとも思いましたが、個人事務所を切り盛りし、家に帰れば主婦で忙しい人です。

ランチやお茶会で会った時についでに聞くならよいけれど、顧客でもないのに時間を割いてもらうのも図々しいか?と思い自重。

次に思い浮かんだのが4月が誕生日の友人・・・ですが、よく考えれば彼女と私の共通点なんて同じ学年で同じ区に住んでるだけなので「私の場合」の答えがあるかどうかも覚束ない。

仕方なく「ねんきんダイヤル」に電話しました。

わかりにくなぁと思うのは各種証明書類で、私の場合は結論から言うと「戸籍謄本(全部事項)」「世帯全員の住民票」「所得証明書」の3種類が必要です。

でも、パンフレットには似たような(抄本と謄本とか)ごちゃごちゃあり、証明する事項によってその中からいずれかひとつをチョイスするようにあります。

いずれか~で良いならどれでも良いのかと思ったらそういうわけではそうです。

間違った書類を取ってしまったら、二度手間も嫌ですが返品できるわけじゃないのでお金も惜しい。

ペラッとコピーするだけなのに高いし・・・

郵送でも良いそうですが税務署と違って自転車で行けますし、どうせ証明書を取りに区役所(年金事務所と500mくらいの距離)に行くので出向きます。

年金事務所で手続きするなら、各種証明書さえきちんと揃っていれば請求書の方は不備があってもその場で直せるので問題無いそうです^^;)

これから手続きする方で、イマイチ自信が無い方は基礎年金番号を準備して「ねんきんダイヤル」で確認してから書類を揃えるのがお勧めです。


年金だけでなく、今までずっと「臭いものには蓋」的な生き方をしてきましたから、見知らぬ、名前だけの実母の名前が載っている戸籍謄本や抄本を見るのもとても嫌でした。

何やかやあると抄本や謄本が必要になり、そのたびに何とも言えぬ嫌な気持ちになり、開けっぴろげに誰かに見せたりしたことなんてありません。

嫌か嫌でないか?と言えば今だって嫌で、決して見たい書類ではありませんが、昨年、ほぼ60年ぶりに実母から連絡が来たことで、名前だけでなく実体がある人になりました。

字面を見ることで顔が思い浮かぶようになったわけで・・・それもまた良いのか悪いのか。


一昨年、離婚→半年後再婚した知人はやたらはしゃいでいました。

まぁ、それはそれで結構なことですが・・・

すでに成人しているとはいえ子どもは元夫と生涯親子なわけで、知人と同レベルで「せいせいした!」とはいきません(´・ω・`)

そんなに晴れ晴れされてもなぁと複雑な心境になったものでした(´・ω・`)


本日は夫が休みで昼はざるうどんとおにぎり(チーズおかか)

夕食はひと口カツ(キャベツ)、アボカドと若布、ピーマンと干しアミ炒め、味噌汁、漬物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!