ハザードマップを見直す


タイトルには見直すなんて書いていますが、じっくり見たのは初めて・・・

お隣の奥様に「地震保険を止めようと思っているんだけど、お宅は掛けてる?」と聞かれたのが1月。

なるほど、「要らないかも・・・」「値上がりしたし」とも思いましたが、保険好きな夫が止めるはずもないし、すでに支払った後だったし。

年金生活になってさらに苦しくなったら止めようかとも思っていましたが、熊本の人々だって東日本大震災のわずか5年後に我が身に降りかかるとは思っていませんでしたよね(´・ω・`)

で、ハザードマップ

液状化に関しては、我が家の辺りの地盤は石なので心配無し。

家屋全壊率は5%以上10%未満で5段階のうちの丁度真ん中。

確率はあくまでも確率なので、20%以上の地域だって全壊しない家屋もあるでしょうし、5%未満の地域なのに全壊する家屋もあるかもしれません。

それより何より、今回の熊本地震のように「経験則」に当てはまらなければ何が起きても不思議ではありません。

一番近い避難場所はすぐ近くの小学校です。

が!近いのは良いけれど同じ地域ですから、RC造のマンションが倒壊したら小学校だって安全とは言えません。

という状況で、現在の被災者も困っています。

さらに我が家には車がありませんから、マイカーにこもることもできません。

自宅が倒壊してしまったら・・・着の身着のままで逃げるしかありませんが、住める状態であれば最低でも3日は持ちこたえる準備は必要。

あちこち体の不調はあるけれど要介護でもなく、乳幼児を抱えているわけでもありません。

最低でも2.3日はやせ我慢できるようにしておきたいです。

災害用の水は12リットル、食べ物はいざとなったら生餅を齧ってもいいです。

トイレは・・・・ゴミ袋にペットシーツ(ペットは居ないけれど水漏れ防止にたまに使うので備蓄有り)を広げるか・・・

「スッキリ暮らす」観点からすると日用品も食料品も買い置きは少ない方が良いけれど、いざ災害に遭った時、弱者でもないのにいの一番に水が!食べ物が!と騒ぐ人にはなりたくないです。


経験則が役立たない地震で気象庁も「予測不能」で白旗。

最初に被害は小さいかも・・・と思ったのは株式市場も同様です。

15日金曜日は景気、経済の影響は無視でしたが、本日になって急激に下げています(円高もありますが)。

大幅下落は全面安というわけではなくて、地盤関連の会社、一部の建設、道路などは大幅に上昇。

先走ったり、行き過ぎたりはあるけれど、株価は正直に反応するものです。

東日本大震災が午後3時少し前、大引けまであと少しという時に起き、ほんの10数分で見事に売り浴びせられたのとは対照的な動きです。

ジワリジワリと影響が広がりそうですが、株価が下がれば復興にも大きなマイナス。

トヨタも部品工場がダメになって生産ができないようです。

車・・・・買えませんけど、地元の方の雇用のためにも頑張って乗り越えてください!


数年前、一読(というかチラ見)して捨ててしまったハザードマップ。

ついでの時に区役所で貰って来よう。


本日の夕食は塩鮭(夫のみ)、温野菜(しゃぶしゃぶ用豚肉の残りも入れる)、納豆、味噌汁、漬物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!