13万円は可哀想か?


あちこちの雪もほとんど消えてめっきり春らしくなりました。

ここから夏至までは「だんだん良くなる」季節です。

ヤフオクは3つ発送して利益は340円くらい。

:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜

友人の友人は病気で足が悪くなり車椅子での暮らしになったそうです。

それに伴い車を処分して生活保護を受給し、バリアフリーの部屋にお引越し。

中古分譲マンションのうちの何戸かを買い取り、バリアフリーにリフォームし、何かの時にはかけつけるサービスを付加したタイプの住宅だそうです。

当然その会社が購入した以外の住居は一般的な住居ですから、スタッフが常駐したり食堂があったりはしません。

なので、ある程度以上の自立(食事やトイレなど)が要求されます。

その点では入居者は限定されますが、経営者は新たに箱物を建築するよりは古いマンションを買い叩いた方がずっと経費はかからずリスクも少なくて済みます。

何よりも「いざという時」に呼び出し限定利用のスタッフであれば人件費が抑えられます。

入居者にとっては古い物件は交通の便が良かったり、商店がたくさんあったりする利点もあります。

今後、老朽化したマンションはこういう会社が所有する部屋が増えるかもしれません。

ただ、専有部分は好きなようにリフォームできますが、共用部分のエントランスやエレベーターは最初から介護用に設計されていないので使いにくいかもしれません。

分譲マンションの部屋ですからキッチンはありますが、料理ができない(したくない)場合は運営会社が仲介する業者から3食お弁当を取ることもできます。

この点でも厨房設備も栄養士や調理員も不要というのは大きいです。

友人の友人は13万円強を受給しているそうですが、家賃と3食のお弁当代を払うと余裕が無いと嘆き、友人はひどく同情しています。

私にとっては知らぬ人ということもあり、50代で車椅子の生活というのは気の毒だと思いますが、「余裕が無い」ことを不満に思われてもなぁと思ってしまいます。

13万円強の年金をもらえぬ人(女性の場合は特に)はたくさんいます。

厚生年金の受給額の平均は145、596円(国民年金を含む・平成25年度)で、ここからあれこれ引かれ、医療費も捻出しなければなりません。

さらに国民年金にいたっては平均49,869円です。

北海道の最低賃金は764円ですから1日8時間、ひと月22日働いて控除前で13万4千円です。

友人にとってはひと月13万円で暮らすなどいうのは有り得ないことなので「可哀想」に感じるのでしょう。

生活レベルによって「可哀想」のレベルもかなり開きがあります。

可哀想どころか羨ましい人だっていると思ったのでした(´・ω・`)

もしも私だったら・・・3食弁当は取らないな・・・


本日の夕食は牛丼、もやしとほうれん草のナムル、もずく酢(市販品)、味噌汁、漬物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!