知っている人だった


桂文枝?知らん人だわ~と思っていたら三枝さんだったのですね^^;)

歌舞伎役者とか落語家とか襲名制度があるので情報に疎い私は誰が誰やらわからなくなります。

18歳から20年間の不倫は随分長く、ウマく立ち回ったはずがどこからばれたのでしょう。


小学校のころからの友人も20代半ばから妻子持ちと不倫していました。

お決まり(?)の妻には愛情が無いので云々、離婚するまで待って欲しいってやつです。

ただ、1歳の子どもが先天性の病気があり、大手術を控えているのですぐには無理という本当だか嘘だかわからない条件付き。

嘘だとしたら方便としても子どもが死にそうだなんてとんでもないまともな人ならつかない嘘。

本当だとしたら、そりゃ~死にそうな子どもがいれば明るく楽しい家庭生活とはいかないでしょうが、だからと言って若い女と不倫は有り得ない。

妻とは他人ですが子どもは肉親です。

どっちにしても最低な男じゃないか!と思ってしまいます。

どんなに仕事ができ、教養も豊かな尊敬すべき男性だと力説されても「ステキね!」とはなりません。

よしんば思い通りにことが進んだとしてもそれでいいの?とも思います。

会ったこともない相手の男性を過激に罵ることはしませんが、「はぁ?」という態度は隠しようもなく、だんだんその話題は言いづらい、聞きづらいハナシになってしまいました。

20年以上は不倫関係のまま続いていましたが、その後友人は病みがちで益々聞くに聞けません。

ただ、10年ほど前、不倫開始と時を同じくして一人暮らしをしていたマンションを引き払い実家に戻ったので終わったと思ったり、単に本人の体調がイマイチの上ご両親の介護もあってのことと思ったり・・・

今でこそ珍しくありませんが、昭和30年代に家でケーキを焼き、テニスを楽しむ(我が家とは段違いの)家庭に育ち、美人で頭も良いのにどうして?と思いましたがそれも10年目くらいまでかなぁ。

ご両親だって反対したり説得しなかったはずがありませんし、40歳を過ぎるまで待っている葛藤とか理解を超えています。

1年や2年なら精算してやり直そうという気なっても長すぎると止めるに止められないのか惰性で続いているのか・・・

もちろん妻にとっては(友人の存在を知っていれば尚更)加害者であることもわかっていますが、じゃあ相手の男性は何を失ったのかと考えると釈然としません。

文枝さんは結婚をエサにはしていなかったとは思いますが、友人よりさらに若い18歳から20年間ですから、バレたらそりゃー嫌な思いの一つや二つは仕方ありません。


002_20160223181215bfb.jpg

年末に高くなるのを避けて早めに買った根三つ葉がまだ元気です。

水にはごくごく薄めた液肥が入っています。

豆腐汁に浮かべるだけならあと3回はイケそうで、3束88円のモトは十分取りました。


本日は夫が休みで、昼食は鍋焼きうどん

夕食は煮魚(鱈)、もやしと干しアミの炒め物、きゅうりと若布の酢の物、味噌汁、漬物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!