そしてお決まりの持論


毎度毎度の母の愚痴を聞くのも結構忍耐が要りますが、介護をしている方とは比べ物になりません。

私なら文句タラタラになるくらいならBさんのような方とは付き合いたくないです。

A~Dさんと母は女学校の同級生なので同い年で、若くして離婚したCさんを除き全員寡婦です。

このうち一人暮らしをしているのはDさんと母の2人で、認知症になってしまった3人は老人ホーム暮しです。

で、ここでいつもの持論「上げ膳据え膳はボケる」炸裂!

高齢になっての一人暮らしは何かしらの心細さや不便さ、事務的な煩わしさが付きまといます。

そんなこんなもボケ防止に役立っていると思うことで自分を励ましている部分もあるのでしょう。

一方、ほぼ60年ぶりに現れた実母も偶然同じ年です。

ある意味強烈なキャラの実母は60代半ばから有料老人ホーム暮しですが、こちらは全然ボケていません。

戦前では珍しくもなかったのかもしれませんが、10人以上の兄弟姉妹の末っ子です。

兄たちは70代、80代で亡くなったようですが、姉たちはまだ存命で、90歳を過ぎても頭はシャッキリしているそうです。

身内に認知症になった人は一人もいないので、自分もなるはずがない!と自信満々です。

若年性アルツハイマー病などには遺伝もかかわっているようですが、老人性となるとどうなんでしょう?

継母にも実母にも「そうね、そうね。」と相槌は打っていますが実際はどうなのかはわかりません。

まぁ、でもそうやって科学的根拠は覚束なくても気丈でいることは精神衛生上良いのでしょうね。

夜、ベッドに入ってから、好きだったミュージシャンの名前を思い出せず悶々とした挙句、萎縮した自分の脳を目視したような気分になってしまう私のようなタイプが一番良く無さそう^^;)

ああそうだ!エリック・クラプトンだった!!と思い出したときはほっとしましたが・・・

清原のお母さんは認知症になっていて幸いでした。

50前の息子にしてやれることなんてありません。


本日は夫が休み。

昼食は豚汁(夕べの残り)とおにぎり(鮭、鱈子)、漬物

夕食はハンバーグ(舞茸)、コールスロー、白滝と竹輪のきんぴら(夫のみ)、味噌汁、漬物、佃煮

ハンバーグは前回に2食分作り冷凍しておいたものです。

やはり冷凍しないほうが美味しいけれど、貯金ならぬ貯おかずがあると気分が楽です。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

気持ちわかります・・

私も母の電話相手がちょっぴり苦痛です。

離れているからたくさん話したいんでしょうけど。

毎回かかってくると一方的にスケジュールを報告されます。
そんなに長い時間じゃないんでしょうが、
私にすると1時間にも2時間にも思えちゃって・・(^o^;

でも、しっかりと話しを聞いてあげるのが娘のつとめ・・
がんばろーっと。(笑)

清原のお母さん、そうだったのですね・・
幸か不幸かわからないけど、
情けない息子の姿に涙することがなくて良かったのかもしれませんね。



Re: 気持ちわかります・・

つっちー様

このBさんって、長男の最初のお嫁さんが癌になったとき(30代で亡くなった)すごく苛めたのよ。
だから私、大嫌いです。

かかわるたびに母の愚痴を聞かされるので、付き合うなら気にしない、気になるなら付き合わない~と言いたくなります。

まぁ、80代も後半になると今更絶交もしたくないのでしょうから、相槌を打つだけにしていますが、私なら悪口しか出ない相手とは付き合いません。

清原のお母さんはボケてて本当に良かったと思います。
認知できたところで離れて暮らす48歳の息子には何も出来ませんよね・・・
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!