踵が痛い

台所からテーブルまでの15歩を何往復したことか・・・食器の上げ下げも2人なら2回で済むところが3人だと3回となり、ついしょう油さしを忘れたりするとまた一往復。

狭い家ではありますが、かなりな歩数を歩いています。

いつものことながら台所に長く立つと踵が痛くなるのは重心のかけかたが悪いのでしょう。

体の固さと腹筋力の弱さが原因?


夫が大仏のように居間に鎮座しているので、大掃除はレンジ台などをちょこちょことして終わり。

何か始めても、すぐに次の食事の支度の時間になってしまうような気がします。


先日の朝日新聞の記事の見出しが「母と娘、洗面台ない生活」

離婚して3歳の娘と京都の家賃5万5千円の木造長屋に暮しているそうです。

養育費は6万4千円を要求したものの拒否され、1万円と言われたのでもらわないことにしたそうです。

「私とママの家は小さいね」という娘の言葉がチクリと胸を刺す・・・とありましたが、3歳でもうそういうことを気にするのね~

私の3歳の頃は、江戸時代か?と思うような長屋住まいで、洗面台どころか玄関も無い^^;)

その後、札幌の平屋一戸建てに越したけど、ここにも洗面台はありませんでした。

小学6年生で2階建一戸建てに移り、ここで人生初の洗面台。

そして、父が一戸建てを購入したので20歳でまた引越し、ここにも洗面台はありました。

ところが、その後結婚して借りた2DKの新築アパート(家賃4万5千円)では洗面台が無い暮らしが10年続きました。

今でもこのアパートはありますが、洗面台は無いままでしょう。

3歳の娘と二人暮しなら洗面台が無くてもそうガックリくることないと思うのですが、いまどきは違うのでしょうか?

幼稚園で息子が仲良くしていた友だちはアパート住まいが多く、どのお宅にも洗面台はありませんでした。

洗面台がない生活は豊かとは言いませんが、惨めさの象徴ってほどでもないと思うんだけどな(´・ω・`)

もしも、この女性が私の娘だったら、洗面台なんてどうでもいいから、鬱陶しくても、1万円でも、養育費は子どものために貰え!と言いたい。

:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜

本日の昼食はとろろ蕎麦、おにぎり(鮭)

夕食は鯖の文化干し、ほうれん草胡麻和え、豚汁、銀杏オリーブオイル炒め、漬物

ヒレカツと鯖とどっちがいい?と息子に聞き、鯖になりましたが、選ばなかった方は明日のメニューになるだけです。

地味なことは地味ですが、普段食べている塩鯖より千葉産の文化干しは少々お高く、漬物も母が送ってきた「たむらや」のしょうがの味噌漬けなので奥ゆかしく贅沢した感じです。


ありゃ、すでに日付が変わってしまった・・・

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

紹介

日蓮正宗

全生庵

言霊百神

Re: 紹介

> 日蓮正宗
>
> 全生庵
>
> 言霊百神

すみませんが、ちょっと意味がわかりません。

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック