巫女服

娘は夕方東京へ。

何だか酷く疲れたので、駅まで送った帰りにデパ地下であんかけ焼きそばを買って夕食にしました。

一応、確認してから捨てようと思っていた巫女服(コスプレ)も持って行きました。

一体、いつ着るつもりなのでしょうか(´・ω・`)

20キロを超えて荷物を預けると超過料金がかかる(実はあれこれ持って行きたくないだけ)と文句を言うので、超過料金分として1000円渡してスーツケースいっぱいにしたのに、何と化粧ポーチを忘れて行きました。

余計な送料がかかります


喜多嶋舞が引退するそうですが、百恵ちゃんやキャンディーズじゃあるまいし今更引退と言われても、一般人となることで逃げようとしているとしか見えません。

絶対の自信と確信があるなら、成人してからとか18歳になって1年後とか言わずにマスコミには漏らさずに再鑑定すればいいのに・・・と思うのは余計なお世話なんでしょうね。

子どもにとってはあっちとこっちで違うこと言われたら、腹の決めようがないような気がします。

親権がコロコロ移っただけでなく実母であることは確実な喜多嶋舞から拒否されたり・・・

それにつけても喜多嶋舞の父である喜多嶋修の強気は凄いなあ。

何かが起きて娘が潔白であることを主張したら親としては信じたいのはわかります。

でも私だったら、成人して遠く離れた娘の結婚前の異性関係なんか「有り得る」やら「有り得ない」やら断言できませんわ。

二股かけたり、不倫して他人の家庭を破壊したり、軽い気持ちで肉体関係を持つことなどは絶対にイカン!とは折に触れてクドクドクドクド言い聞かせたつもりですが、成人して、自活して、遠く離れていれば「うちの娘に限って」と言えない。

不倫の場合は慰謝料を請求されることもありますが、異性関係がだらしないだけなら犯罪ではありませんしね。

盲目的に信じたい気持ちとやりかねないという気持ちが半々~というのは酷いでしょうかね?


本日の夕食はデパ地下のあんかけ焼きそば

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!