性格的に無理

何だかすぐに夜になってしまう感じです。

年々スケジュールはスカスカになってきているのに変だなあ(´・ω・`)

子どもたちが小さかった時は確実に現在の数倍忙しかったはずなのに気持ちが萎えているのかもしれません。


雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう~

雨で解けた雪はほんの少し、そして解けた分より多くの雪が降る

11月末から最低気温が連日氷点下って・・・氷河期間近。

5%オフのドラッグストアと灯油を買いにGSへ行きました。

今年は早くからガンガン焚いていますが、65円/㍑に助けられています。


「多縁社会」という本を読みました。

言うまでもなく無縁社会に対しての造語です。

親子だけでなく姉妹での2世帯住宅、シェアハウス、コレクティブハウスなどが取り上げられていますが、つくづく思うのは向き不向きがあること。

人間的に成熟していて、ポジティブで大らかな性格でないと絶対に無理で、そうでない人は一人の心細さを我慢する方がマシだろう思います。

もちろん私は後者ですから無理。

例えばコレクティブハウスなら各自が役割分担(食事当番や掃除当番)をしますね。

多分、私は出来不出来は別にして義務は果たすと思いますが、50人、80人で暮していればサボリ勝ちな人も必ず出てくるわけで、それをいちいち気にしない大らかさは無いな・・・と思う。

小中学校のPTA役員を押し付けられて(今はどういうシステムかわからないけど、役員決めって息詰まる時間)、まあほとんどの人が嫌々引き受け、面倒だと思いながら活動します。

でも、なかには引き受けても1度も出て来ない人もいます。

当然、出て来ない人の分の作業は皆で分担するしかありませんが、とにかく名前だけであっても翌年は「去年、役員をやりました!」でお断りしやすいわけです。

PTAの役員なんか毎日毎日活動があるわけじゃないし、一般役員の任期は1年ですからムッとしたとしても知れていますが、終の棲家となると私には厳しい。

10年間、せっせと奉仕(特に料理上手)しつづけたお年寄りが弱ってきて介護が必要になり、ヘルパー+ハウスの住人たちでサポートしていることも取り上げられていました。

10年間の奉仕がお金ではないけれど貯金となっているわけです。

でも、入居後2ヶ月だったらどうなんだろう・・・、皆、どんどん年を取り住民の8割が老人になったらどうなんだろう・・・

それを言っちゃ~おしめぇよ!だけど、この本で取り上げられている暮しに順応して楽しんでいる方々はたとえ「おひとり様」で暮していても世間と無縁にならないような気がします。


本日(すでに昨日)の夕食はみそラーメン

久しぶりのみそラーメンは美味しかったけど、私は塩ラーメンの方が好きです。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!