青天の霹靂・・・困惑・・・

DSCF9128-30-30.jpg

一昨日の公園の鴨たち・・・♂の色も鮮やかになってきました。

やっぱり鴨だって色鮮やかだったり尾羽がピンとしているとモテるのだろうなあ・・・と例の「シンメトリーな男」を読んでから興味を持ってしまいますが人間には見分けがつきませんでした。


不平・不満・不安に満ちた低空飛行の生活であっても変化は望まないのは怠け者たる所以。

青天の霹靂の知らせが来たのは一昨日の夕方、ちょうどブログの更新を終えた時でした。

それ以来、困惑し続け、昨日はブログの更新も休みました。

他人の身の上話なんか本人が感じるほど重大なことでないのが常で、驚いたままに書きなぐるのもどうかとも思ったし、気力も無かった

そんなこんなでタイトルほど大袈裟な話じゃないのかもしれません。


何度かちらっと書いていますが、両親は私がまだ赤ん坊のころに離婚していますから、実家の母は正確に言えば継母です。

さらにもっと正確に言うなら養子縁組はしていないので父親(故人)の配偶者です。

実母については一片の記憶も写真もありません。

変な言い方かもしれませんが最初から存在しない人であり、本気で探そうと思ったことも無い。

ここらへんは怠け者というだけでなく性格的に冷淡なのでしょう。

さらに言えば、探し当てたところで実母の現在の家庭に波風が立つかも知れず、異父兄弟がいたとしたら確執が生じる可能性もあります。

逆にやたら好意的でその後の「おつきあい」をしなければならなくなるのも面倒です。

酒を飲んで、煙草を吸って、パチンコに通い、食事はコンビニ弁当で生活保護費が足りないと騒ぐ人だったりするのも困ります。

私自身がアラ還ですからこのままだろうと決め付けていたし、それで良いと思っていたのです。

夕方の電話は田舎の夫の実家からで、何と私の実母と名乗る人から電話が来たと言います。

どういう経路で夫の実家に行き着いたのかは不明ですが、年も年でありいつどうなるか分からないので、人にも手伝ってもらって苦労して調べた~と言っていたのですぐに連絡するようにと姑に言われました。

が!私にすれば幽霊を見ちゃったような心持ち

驚いたあとは厄介事に巻き込まれたようなイライラ感。

どうしたものか?と思いながら夕食の下準備を済ませ、2,3日考えて少し落ち着いてから週明けにでも電話をするか~と思いました。

でも、伝言していないと思われると心外だからすぐに電話をしろと姑はクドクド言ってたし、ウチの連絡先を教えていないはずはありません。

当然、こちらからかけなければ向こうからかかって来る~かかって来る電話というのはこちらの都合や心情にはお構い無しですから、受動より能動の方がマシと気持ちが固まったのは1時間くらい経ってからでした。

そんな時でさえ東京隣県への電話料金を調べましたが、ひかり電話って安いですね。

思い切って電話して、2日が経過しますが、改めて文字にするとやっぱりシンドイので続きはまた。

続き~と言っても引っ張るような劇的な話はありません。


昨日の夕食は鶏のマヨネーズ焼き、揚げ茄子の肉味噌かけ、もやしのナムル、味噌汁、鱈子

本日の夕食は鮭バター焼き、かぼちゃのサラダ、玉ねぎと竹輪の卵とじ、味噌汁、佃煮

外は大荒れ・・・道路は雪で白い。

一番嫌な季節に突入。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!