お献立

たとえば昨日のブログに書いたような老人ホームに入居すると、当然食事の支度からは解放されます。

それはそれは楽だとは思いますが、好きな物は食べられません。

どう転んでも良いことばかり~というわけにはいきません。

どう転んでも~と言っても、超高級老人ホームに転がり込む可能性はゼロですし。

若い頃読んだ沢村貞子さんの本には、献立を記録に残していると書いてありました。

忘れちゃうメニューってありますから、確かにイイかも~と思ってまねしたこともありましたが、すぐに面倒になって止めました。

で、ブログに残しておくことにしたわけです(`・ω・´)

人様の役には立たないけれど、「あれはいつだっけ?」と振り返るのに便利なのがこのブログ。

今のところ、献立を見て役立ったことはないけれど、いつかそのうち・・・


本日の夕食は鶏モモの照り焼き、大根、厚揚げ、早煮昆布の煮物、ミョウガとレタスの和風サラダ、味噌汁、漬物

ミョウガが4個60円だったので\(^o^)/

和風サラダなんて書いてますけど、レタスとミョウガを刻んで胡麻を散らし、キューピーのノンオイルドレッシングをかけただけ^^;)

我が家のお品書きなんてこんなもん。

そりゃあ、田中マー君の食卓のようにはいくもんか!

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

鍵コメ様

沢村さんの本は「老いの道づれ」を去年読んで、3回目の結婚で巡り合ったご主人を褒めれば褒めるほど「???」でした。

今はただただ、食事の支度が嫌でたまりませんが、「給食」となるとやはり不満は出ますよね。
施設内で作っていたとしても、大人数分の配膳、運搬をしていれば冷めますしね。

鍵コメ様宅のご両親は実の娘に食事の支度をしてもらえて幸せです。

自力での炊事の可否はやはり認知症にかかってくるかな・・・
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック