精神的貧困

昼前から豪雨と落雷

しかも近い感じです。

たまたまかもしれませんが、少し後に消防車と救急車の音がして「ふっ」と音が消えた。


少し前の記事低所得よりも怖いのは“精神的な貧困”

こうならないためには

1 孤立しても孤独を感じない内部志向型の人間を目指す

2 現役世代のうちに仕事とは別の趣味、仲間を見つける

3 生活知を磨くことが尊敬される老人への第一歩


まさに言うは易し、行うは難しです。

どれもそうしよう、そうなろうと思ったからといって実現できるとは限りません。

できない理由を見つけるのは簡単ですが・・・

先日の新幹線放火をした老人は、酒と煙草は欠かせず、趣味はパチンコと競輪・・・

こうなるとよほど年金が多いか、貯金が多くないと精神的に満たされることがありません。

交友関係がパチンコ仲間や競輪仲間だと友だちもいなくなります。

趣味や仲間付き合いだってお金がかかることが多いです。

散歩とか図書館で借りての読書とかお金がかからない趣味もありますが、足腰が痛くなったり、目がかすむと億劫になります。

結局、低所得より怖い精神的貧困低所得だと精神的貧困になりやすい

お金をかけずに、体調万全でなくても~となると選択肢はぐっと減ります。

いちいち、ふーん、で? となるのが精神的貧困者の証なのかな(´・ω・`)

できたら良かったな、できる人が羨ましいと思うのは絵です。

似顔絵でもイラストでも風景画でも静物画でも・・・

ただ筋金入りで絵はダメです。

なにせ幼稚園時代、絵画教室に通わされていた時の作品(?)がまだ実家にありますが、毎週ほとんど何も描いていません。

で、裏には先生が「今日はやる気がでなかったようです。叱らないで下さい。」などと書いてあります。

小学校も高学年になると、好きでない上にひどく下手なことも自覚しますから益々大嫌いになります。

毎年、夏休みの宿題で一番最後まで残るのが絵でした。

ものすごく下手なのですから、今習えば少しは上手になるだろうとは思います。

美大受験するわけじゃなし、ほんの少し上手になれれば御の字! 

でも、上手になりたいと思わないのよ

上手な絵(アブストラクトなのは無理)を見て「わぁ」と思うのは良いけど、描きたいとは思えない。

ロリコンが治せないのと同様に趣味だって嫌なものは嫌です。

この21.5インチワイドのモニターで、情報が読み取れるくらいの視力があるうちはネット徘徊を趣味にしても良いけれど、それなりのお金は必要です。

お金をかけずにインテリジェンスを身に付けて「尊敬される老人」になる

つい、笑ったりしたらいけないけれど、尊敬されたがる老人はデイケアにはたくさんいます。

人柄次第で諸刃の剣かも・・・間抜けな方が好かれるかも・・・

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!