電気柵

ヤフオクは昨日と一昨日、2個ずつ発送して純益は300円くらい。

ここで!

増税前に買っておいたクラフト封筒600枚を使い始めました。

明日、明後日は発送ゼロですが、残り599枚は使い切れるのか?

次回の増税前にまた意地汚く買い足すのか?

(かさばるからやめた方がいいよね・・・)


ようやく図案ができ

001_20150725121003541.jpg

達成感でいっぱいになっていますが、実物はここ↓

003_2015072512100410b.jpg

手持ちの毛糸を思い浮かべながら色を決めたけれど、実際に在庫を漁ってみると思っていた色と違っていて「あれ?」

でも、まあいいか・・・

趣味と実益じゃなくて、実益オンリーになりつつあります。

:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜

電気柵の感電事故では友人同士の2家族のうちお父さん2人が亡くなり、お子さんも大怪我をしています。

事故が起きる時というのは往々にしてそうですが、そもそも違法(という認識があったかどうか)な設置をしていて、その日に限って朝、コンセントを抜き忘れたとか・・・

獣害から守っているのが生活の糧を生み出す農作物なら少しはイメージも違いますが、いくら大切でもアジサイは趣味(´・ω・`)

2人が亡くなったことを思えば、その他のことは小さなことかもしれませんが、柵の設置者は軽症だったお母さんの一方の親戚というのが何とも・・・

ご自身とお子さんは軽症でしたが夫を亡くし、友人家族のお父さんが亡くなり、お子さんは小指断裂・・・原因は親戚。

二重、三重の悲劇です。

柵の設置者がアカの他人であってくれたら、生き残った者同士手を取り合えそうですが、この状況ではどうでしょう?

一方、柵の設置者79歳は、死んでお詫びしたい~と言っているそうですが、死んでもお詫びにはなりません。

日頃は夜間だけ通電とはいえ、夜間なら100%人間が来ない場所だったのでしょうか?

アジサイを愛で、電気柵を購入し、必需ではない電気料金も負担できる暮しから奈落の底です。

79歳といえば、一般的には短い老い先です。

取調べとか裁判とか賠償とかの老後は正しく死んだ方がマシな心境だと思います。

しっかりしているようでも老人特有の危機意識の欠落もあったのかな?

ボケるのも嫌、お金が無いのも嫌、病気に苦しむのも寝たきりも事件に巻き込まれたり、事件を起こすのも嫌。

安泰な老後は難しいですね。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!