母乳育児

昨日の常識が今日の非常識というのはよくあることで、病気の治療法などでは命に係わることもあります。

育児も同様、抱き癖やらうつ伏せ寝やら賛否両論。

さらに同じ時代を生きていても出産や育児は欧米と日本では考え方に差もあります。

最近驚いたのは偽母乳販売とSNS等を通じた冷凍母乳販売のニュースです。

ほんの一時期、粉ミルクの方が栄養価が高いともてはやされた時期もありましたが、その後は一貫して母乳育児を推進しています。

人間は哺乳類なので当然のことです。

ただこれが強迫観念や宗教のようになってしまうと困ります。

粉ミルクが無い時代、母乳が出るか出ないかが死活問題だったころでさえ出ない人は出なかったし、変に悩むと余計出なくなることもあります。

だからと言ってどんな管理をしているか覚束ない冷凍母乳をネットで購入というのは正気の沙汰とは思えません。

厚労省は

既往歴や 搾乳方法、保管等の衛生管理状況が不明な第三者の母乳を 乳幼児が 摂取 することは、 病原体 や医薬品等の化学物質 が 母乳中に 存在 してい た場合 、これらに暴露するリスクや衛 生面でのリスクがあります 。

(参考)母乳を通じて感染する可能性があ病原体の例

・HIV(ヒト免疫不全ウイルス) ・HIV(ヒト免疫不全ウイルス)
・HTLV-1(ヒトT 細胞白血病ウイルス 1型)

(厚労省HPより)

特殊なウイルスは別としても、元々雑菌ゼロで搾乳することは不可能ですから輸送過程で劇的に増えることも十分考えられます。

高額で取引されているので、購入者は粉ミルクが買えないわけではなく、むしろ豊かで子どもへの愛情も濃いのでしょう。

若くて、元気いっぱいなつもりでも献血を断られる人もいます。

衛生管理に関して、100%どころか80%の保証もできない物を売る方もどうかしていると思います。

私もヤフオクでは色々売っていますが、最悪でも代金と送料を返却すればOKな物以外は売れないな(´・ω・`)

息子を出産した時にマッサージをしてくれた年配の助産師さんは、母乳で育てれば、粉ミルク、哺乳瓶を買わずに済み、消毒のための光熱費もかからないからパートだと思って頑張って!とおっしゃいました。

スキンシップなどの精神論、医学的な効用は見飽き、聞き飽きていましたが、「パートだと思え」というのは斬新で、一番しっくりと頑張れました(いつもお金ないですからねえ)

授乳の際に準備も後始末も要らず、外出時に余計な荷物を持つ必要が無いのも助かりました。

産科が主催する母乳バンクもあり、加熱処理しているので衛生面はクリアしていますが、医療目的に限られるようです。

もし、一般にも販売したとしても毎日毎日の分を購入するには莫大な費用がかかるはず・・・

いつか娘が出産したら、あまり余計なことは言わないように、価値観を押し付けないようにしようと思ってはいます。

でも、もし母乳が出なかったり、足りなかったり、産休明けで授乳できなかったら、粉ミルクで良いのだよ~と背中を押してやりたいな。

そんなことでコンプレックスを持って暗い気持ちでいる方がよほど悪影響です。

重大な事故が起きる前に素人販売は規制され、異種タンパクを消化するのが難しい未熟児用にはきちんとした母乳バンクが確立されるといいなあと思います。

着用後の下着や靴下だの「げっ」と思う物が売られているのは知っていましたが、一般人が母乳までネットで売る時代になったのですね。

理性的に考えれば危険極まりないと判断できるはずなのに、子ども可愛さのあまりに追い込まれた産婦が可哀想。

生き易いのか?生き難いのか?自己責任と言ってしまえばそれまでですが早く規制されて欲しいわ。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!