やはり貯金は大事

Wikiによるとギリシャの経済規模は神奈川県よりやや小さいくらいだそうです。

何年も前からギリシャ危機が叫ばれ、飽き飽き、うんざり

財閥は国外に本拠地を置き、税金を納めないので益々貧しくなり、割を食うのは庶民です。

ここで緊縮財政を受け入れたとしてもどのくらい効果があるんでしょう?

ひと月100万円の生活費を使っていた家庭なら節約しがいがあるけれど、15万円の生活費だったら節約することは無駄じゃないけど頑張ったところで5万も10万も浮かないよ~

2012年4月、当時の野田内閣はIMFを通じて600億ドルも支援してる

震災から1年、不景気のどん底で学生の就職もままならない時、ギリシャ支援に600億ドル・・・

返せるはずもありませんから「あげた」ってことですよね。

政治的な駆け引きはわかりませんけど、庶民としては税金の無駄遣いとしか思えません

ギリシャ国民は緊縮財政は嫌~でチプロス首相を選んだわけですが、デフォルトの覚悟をした上でのことなのか、時間稼ぎをしていれば活路が開けるかもと甘い期待しただけなのか。

銀行も閉鎖となると観光産業にも悪影響がありそうです(´・ω・`)


:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜

切り詰めれば年金だけで暮せる、暮さなければならない~としてもある程度の体力があってこそで、医療費がかかったり、住居や大型家電が壊れたりしたらたちまち資金繰りに困ります。

頭を使った節約もあるけれど、風呂の残り湯を汲み出したり、ちょっと遠くのスーパーまででかけたり、料理だってパッと焼くだけではそうそう節約できませんしコンビニ弁当なんて論外。

そうなるといよいよ高齢になれば勿体無いと思っても実行できないことも多くなります。

好きなように使って残ったら貯金♪が無理ならやはり節約するしか道はないな・・・

好きなように~の中味が、ブランド品を買い漁ったり、旅行三昧、食べ歩きの類なのか自販機で気軽に飲み物を買わない類なのかレベルは色々ですが・・・

新幹線放火犯は2度ほど区議に生活苦の相談をしていたそうですが、対応はどうだったのかな?

生活保護申請ができるかもしれない~と言っていたそうで、確かに月額12万の年金なら生活保護の方が楽です。

でも、このレベルで保護を認めてしまうとその原資となる税金は足りなくなります。


となると今のうちに貯金を増やしたいところですが、子どもたちの結婚話でわずかな貯金も吹っ飛びそう・・・

賽の河原状態のまま老後に突入するのかな。

ヤフオクも再出品ばかりなると当然落札はほとんど無くなります。

まずちょっくらガンバロ。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!