保険あれこれ・・・考えないと(苦手)

川崎の事件の18歳容疑者宅の塀に落書きされたニュース

落書きしたくなる気持ちもわからなくはないけど駄目だわ(´・ω・`)

もちろん法律的にはアウトですが、それ以外にもそんなことをしても逆切れで被害者感情を持つだけ・・・な気がします。

弁護士作文と思われるコメントでさえ、どこか他人事で被害者への謝罪も無いのですからね。

ここらへんは弁護士の力量にも疑問符がつきます。

現場に続々と集まる供花や供物の管理も大変だろうなあ。

:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜

夫は終身、定期、癌保険に加入しています。

一時は癌保険に2つも加入していました

終身、定期保険はバブル崩壊後、何度も保険会社が身売りしているので決して良い条件ではありません(´・ω・`)

当然保険料も重く重くのしかかっていますが、定期と終身はあと1年半なので今更もういいわ~となってしまいます。

一方、私は何も加入しておらず、辛うじて夫の定期保険の特約で家族もちょっとカバーしますよぉ~という保障しかありません。

保険のお世話になる大病もしなかったので無保険でもセーフでしたが、60歳以降はそういうわけにはいかず、最低の保障でも良いので何かに入った方が良いかなあと思っています。

子どもたちが小さい頃から最近まで入っていた損害保険(保険会社合併により加入プランが無くなり止めました)も、転んで怪我をしたり、うっかり他人の車に傷をつけた~などもカバーしてくれるので捨てがたい。

自分で考えるのは苦手なのに、無料相談に申し込むのも面倒臭い(出た!面倒臭い病)。

自助努力はしないくせに無駄に疑い深いので、保険の相談員が本当に公正なのかという点ではあまり信頼していません。

さて、どうするか・・・もうあまり先送りもできません。


夫はもうひとつLTDという(TDLみたいですが)保険に加入していて、給与天引きされています。

LTDとは団体長期障害所得補償保険のことで、病気や怪我で休職した場合、給与の一部が最長で定年まで支給される保険です。

支給される元となる給与を給与のみか給与プラスボーナスとするかで掛け金が異なります。

加入した時はこれから教育資金が本格的にかかってくるぞ!という時期だったので、ボーナス込みプランにしたので、毎月3000円弱を引き落とされています。

以前も書きましたが、同じマンションに暮す方はご主人が長く癌で闘病し、住宅ローンも管理費も滞納し、滞納してしまうと借り換えもスムースにいかず、あわや競売寸前という時に亡くなりました。

仲の良いご夫婦だったので、亡くなったことはもちろん悲しいのでしょうが、八方塞だった金策から解放された喜びも相当だったようで、奥さんは生き生きと若返った感じがしました。

生きる望みがある状態なら張りもありますが、そうでない場合は金策の心労も数倍です。


子どもたちも独立したし、最長で定年まで支給と言ってもあと1年半だし止めようかなあと思ったり、止めたとたん夫が病気になったら後悔するだろう、払ったところであと1年半と思ったり・・・

結局、どうしようと思っているうちに定年になりそうです^^;)


LTDは企業向けの団体保険ですが、個人向けの所得保障保険もあります。

掛け金は団体に比べると月々1000円くらい高くなるようですが、独立前のお子さんがいらっしゃる方には良い保険かもしれません。

入院もせず、毎日通院するわけでもなく、でも仕事には行けない~という状態って結構有りがちです。


いずれにせよ、自分がどうするか・・・を考えるのが先決ですが・・・

ああ、面倒臭い(´・ω・`)

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!