返す時の閻魔顔

沢田研二がライブでブチ切れ「嫌なら帰れ!」

うわ、これ沢田研二も気分悪かっただろうけど、折角楽しみにでかけたファンも可哀想(´・ω・`)

それにしてもファンの方には悪いけど随分カッコ悪くなりましたね・・・・


:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜


images.jpg

我が家も奨学金を返済中です。

学費に関しては親の経済力にかかわらず大学からは本人負担という家庭も結構周りにいますが、親が負担する家庭が多いかな?

考え方はそれぞれで正解はないと思っています。

叔父(母の弟)は早くに父を亡くしたので、奨学金で博士課程まで進みましたが、(戦後のどさくさも影響したせいか)特に博士課程からは高額だったそうで、後々返済が大変だったそうです。

その返済の大変さを叔父の連れ合いである(義)叔母が母にくどくので嫌がっていましたが・・・

で、自分の返済が終わるのと前後して3人の子どもたちの学費地獄に突入しました。

特に上の子はピアノをやっていたので個人レッスン料もかかり、アパートもグランドピアノが置ける専用の部屋でなければならず万事が物入りでまた奨学金を借りてしのいでいました。

ただ、自分が大変な思いをしたので奨学金は親が返済していましたが・・・

社会人になってすぐから年金生活数年後までずっと返済していた勘定になりますね(´・ω・`)

まあ相応に偉くはなっていたので今は悠々自適で、叔母の眉間のシワも解消されました^^;)


昨日書いた友人もそうですが、最近は奨学金の滞納が話題になることが増えました。

うちの場合は第一種で無利子なのでサラ金と同じとは思えません。

むしろ完済しても事務経費分がJASSOの赤字になる勘定です。

もしも滞納すれば当然、申し込み人である息子に請求が行きますので、その点は肝に命じていますが、繰上げ返済するとしたら優先順位は住宅ローンの方が上です。

娘の名前で借りていないのは第一種の申請が通らなかったからで、国公立の息子より私立の娘の方が学費は倍以上かかっています。

第一種、第二種にかかわらず、会社が倒産したり病気や怪我で退職した場合にすぐに手続きしても昨日書いた友人のような状態に陥るのかどうかはわかりませんがどうなのでしょうか・・・


滞納して民間のローン会社に債権回収を委託したり譲渡されてしまえば文字通りサラ金と同じになってしまいます。

こういう非難を回避するには返済率の悪い学校の採用枠を削減するのが手っ取り早く、ゆくゆくは第二種も審査が厳しくなり、最初から金融機関の教育ローンに頼るしかなくなるかもしれません。

奨学金という言葉の響きには、優秀な人材を貧しいばかりに埋もれさせてはならない~資金を供与し、後々日本のため、世界のために役立つ人材になって恩返ししましょう的な感じもあります。

うちの息子などは該当しません

だから奨学金=借金なのは仕方ありません。

新聞奨学生制度も有名ですが、理系で実習や実験が多い学部だと継続が難しいようで、「先輩の声」などを見ても理系はほとんど見当たりません。

大学によって独自の奨学制度を設けている場合も多いけれど、成績優秀者に限られ必ずしも家庭の経済状況が影響するわけではないのは小保方さんが早稲田で返済義務無しの奨学生であったことからもわかります。


経済状態を優先したとしても、年収300万で預金1億、不動産持ち、年収400万で貯金無し、病気持ちでも考慮されるのは年収だけです。


いずれにせよほとんどの人が苦しい中から返済しているので、閻魔顔になってもしっかり返すしかありません。

それにつけても金の欲しさよ・・・です。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本人は本当に借金をやめてほしい。

日本の富裕層10位内のほとんどが朝鮮韓国系の人です。

金貸、パチンコ、焼き肉関係、あちら系企業、etc.税金支払いも少なく

儲けたものは日本に還元せず、あちらに流れていきます。

日本は用日搾取されるだけ。

Re: No title

こんにちは。

>> 日本人は本当に借金をやめてほしい。

我が家は住宅ローンと息子の奨学金の2本立てです。
すでにしてしまった借金なので無かったことにはなりませんが、
何とか頑張って返していきます。
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!