fc2ブログ

何もわかっちゃいないのに



1281683366_o.jpg

気温、天候、路面状態にもよりますが、引き続きできるだけ歩こう~とは思ってて、デパートやスーパー銭湯なども片道だけは歩くようにしています。

で、途中の立ち寄り先を発掘するため↑の情報誌を買ってみました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

物心ついてからは2度会っただけで亡くなった実母は、「老人ホームで年2回健康診断があり、病気があってもすぐに見つかる」「100歳まで生きるので、次は歯をきれいに治す」と言ってました。

が、それから数か月後、老人ホームからの電話で肺がんで緩和ケア病棟に入院したと知らされます。

見つかりにくい場所にできたがんだったそうで、見つけられるかられぬかは運任せ、見つからなかったのは運命で、それまでの寿命だったのだろうと思いました。

それから6年後、今度は実母と同じ年に生まれた継母にがんらしきモノが見つかりました。

見つかったきっかけが、持病の心臓病のためのCT検査と胸部レントゲンなので、膵臓付近と大腸付近の腫瘍らしきモノはいつからあったかわかりませんが、肺に3つほどあるそれなりに大きな影は4か月前には無かったそうです。

さらに昨年11月の骨折以前は、別の病院で心臓病の定期検査を受け、胸部X線検査もしているので、あの大きな影を見逃すはずがありません。

医師は、原発は膵臓がんで、大腸と肺は転移だと思うが、確定診断のための検査は大きな負担になり、この状態でがんが確定したところで治療するのは現実的ではないとおっしゃいます。

素人目に見ても、骨折で寝たきりになった数カ月のうちに二回りも小さくなってしまってからではがん治療は厳しいので、先々、がんの痛みや苦しさが出たら、モルヒネなども含めた苦痛を取り除く処置をしていただくことをお願いしました。

奇しくも、同い年の実母と継母、二人の母は人生の最後ギリギリにがんが見つかり、実母は本人の意思で精密検査を拒否して老人ホームの敷地内緩和ケア入院、継母は医師の勧めもあっての家族の意思で老人専門病院の一般病棟に入院しながら経過観察したので、どんながんだったのか?全く詳細がわかりません。

実母が亡くなった時の私は、がんについては全く無知で、「がん」は血液のがんなども含むけれど、「癌」は固形がんのみとかも知らず、どこかから肺に転移したがんは、元々の肺がんとはどう違うのかしらと思ったり、こんなに恐ろしくたくさんのがん種があることも、治療後の後遺症などなど、単に阿呆なだけでなく目を背けてもいました。

が、その後、自分が2度もがんになり、いまだに知識は足りないままだし、なるほどと思ったことも覚えてられないけれど、実母が亡くなった時よりはマシになっています。

どういう検査で肺がんと確定したのか? 転移はあったのか? 腺がんとか扁平上皮癌とか種類までわかったのか?などなど、今ならちょっと聞きたいことがあるけれど、聞いたところでどうなるもんでもないけど、「はぁ」「はぁ」と返事してただけっていうのも情けない話。

実母のがんは見つけにくい場所にできてたせいもあるでしょうが、小さな腫瘍はX線でもCTでもMRIでも写らないので、健康診断では見逃されてきたのでしょう。

40代、50代だったら、健康診断、意味無いじゃん!って恨みたくもなるし諦めきれません。

そして継母ですが、今度は「おそらくがん」という診断でストップしてるので、原発がどこで、どこにどれだけ転移しているかも未知数。

だけど、わずかな期間に、あんなにたくさん肺に大きな影ができるのですから、老人のがんは進行しにくいと一概には言えないようです。

どちらの母も無治療のまま亡くなりましたが、この6年で自分を含めて身内3人ががんになり、「日本人の2人に1人が生涯でがんになる」なんて本当かなぁと疑ってたけど、どうやら本当らしいと実感いたしました。

で、実母のがんが見つかりにくかったのは運命であり寿命だと思ったのは間違いじゃないけど、何にもわかっちゃいないのに運命だと思っちゃうのは悪かったなぁと最近になって反省しています(´-ω-`)


昼食はスクランブルエッグ、茹でブロッコリー、鱈子子和え、もやしときゅうりの酢の物、納豆、北海道産キムチ、みかん

夕食は外食

以前よりは高いけど、自由に卵が入手できるようになって助かる。

19円のもやしに喜んで買ったら、11円のもやしもあり、毎日もやしを食べるしかない。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム