fc2ブログ

継母の置き土産&希望か絶望か



実家の母(継母)の葬儀は、1日だけの家族葬で、お香典やお供物は遠慮~という形にしました。

あまりに祭壇が寂しいのも困るので、2万円の果物籠を葬儀社経由で頼み、葬儀後は、参列した少ない親族で持ち帰りました。

紙袋に分けたのは葬儀社の方で、それぞれバランス良く詰められていたけれど、葬儀後はホテル泊、翌日は飛行機で帰る息子や娘たちはナイフ無しで食べられたり、持ち運びしやすい果物が都合が良い!

なので、葬儀後に立ち寄ったカフェで交換し、一番不人気だったパイナップルは我が家が引き受けました。

が、子どもの頃、酸っぱくて舌が荒れる感じのパイナップルが苦手で、缶詰めもパイン飴も嫌いで、その後もずっと食べる気がしません。

当然、食卓にあがらないので息子も娘も好物にならず、やはり酸っぱかった思い出がある夫も欲しがらず・・・で、残ったパイナップルを仕方なく持ち帰りました。

で、食べたくないのでしばらく放置後、渋々切ってみたら甘くて美味しいじゃありませんか!

DSCF9352 - コピー

今では時々、八百屋さんで、やや小ぶりな↑198円のパイナップルを買ってます。

小ぶりとはいえ、食後のデザートなら1人四分の一ずつ、2人で2回食べられるのでコスパは良いです。

葬儀社経由の果物屋さんは、見てくれ重視かと思ったら、どれもとても美味しく、198円のパイナップルはちょっとレベルが落ちるけど、十分甘酸っぱくて美味。

まぁ、パイナップルも食べてみなさいよ~という継母の置き土産のような気がしています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

[女優 仁科亜季子さん]多重がん 4度目に大腸がんになった時は初めて「ダメかな」と弱気に…私を支えた五つの「気」

大空眞弓「9度のがんも乗り越えて。81歳で住み慣れた東京を離れ、石垣島に移住するまで」

6つのがんを経験した話

外に向けてグダグダウダウダ、愚痴を言わないだけで、がん治療の後遺症はある(に決まってる)けれど、寝たきりにもならず、取り敢えずは元気に過ごしていらっしゃるのは大きな希望。

1度だって嫌なのに、1度あることは2度ある、2度あることは・・・と続く多重がん体質に絶望。

実際、色々な闘病ブログを拝見していると、私と同じダブルキャンサーなんか珍しくもありません(´-ω-`)

日本人の2人に1人が、生涯でがんと診断される~のは耳タコ統計で、確率半々の悪い方の半分に入っちゃったのは仕方が無いけれど1回限りにして欲しいです(つω-`。)


昼食は豆腐と海老と小松菜の煮物、卵黄入り納豆、ビーマンとじゃこと胡桃炒め、北海道産キムチ

夕食は外食

ちょっとまとまった雪が降り、少しツルツル路面が解消されました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム