学資保険のこと

子ども2人の学費の捻出には苦労しましたが
一応、学資保険はかけていました。
一応・・・というのは全然足りなかったからですが
やり繰りも大変だったので仕方なかったという気持ちと
もっと切り詰めれば良かったという気持ちが半々です。

上の子は某生保の赤ちゃん保険と郵便局の学資保険で
合計200万円

下の子は郵便局の学資保険のみで150万円でした。

上の子の方が多いのは、差別しているわけではなく
とにかく一人目で学費が不足して
2人目が進学できない事態は避けたかったので
少々ですが多くなっています。
加入したころは陰りが見えたとはいえバブルの終わり頃。
当時は国営だった郵便局の説明では
満期金が良かったのですが
その後のバブル崩壊→低金利で全然増えませんでした。

生保の赤ちゃん保険は夫の会社の出入り業者の妻が
セールスをしているので頼まれて加入しました。
しかし、この妻が非常に下品で感じが悪い人だったので
最初から嫌で嫌で仕方ありませんでした。
その上、この保険に加入後すぐに当の業者は会社を辞め、
義理もへったくれもなくなってしまったため
月々天引きされる5000円にいらっとくることもありました。
そして、今でも生保はそうですが満期が22歳です。
22歳の満期では学費の役に立たないと思っていましたが
結局、大学院に進学したため
その入学金や学費に役立ってくれて助かりました。

子どもの進路によって医学、薬学などは元々6年ですし、
大学院に進むこともあるので
22歳満期も悪くないのかもしれません。

郵便局の学資保険は途中までは
まとめて払うと割引が大きかったので3ヶ月、6ヶ月、
まとめて払っていましたが
最後の方はほとんど割引が無くなってしまいました。

当時はネットも普及していなかったので
情報が少なかったのが残念ですが
今なら生まれる前からしっかり比較できそうですね

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!