fc2ブログ

ダヴィンチ手術



物心ついた3歳ころは、祖母と二人、(時代劇に出てくるような)長屋暮らし。

電車に乗って出かけた記憶は、練馬(祖母の兄宅)、鎌倉材木座(祖母の弟宅)、池袋まるぶつ百貨店、江古田(祖母の友人宅)くらいで、どなたかのお宅で、庭のもぎたて無花果をご馳走になりました。

ものすごく美味しかった記憶があるけど、今食べてみるとさほどでもありません(´-ω-`)

DSCF9389 - コピー

ファンタグレープを初めて飲んだ時も美味しさに驚いたけど、今は飲みたいとも思いません。

それでも無花果はお安く売ってると(4個498円)、美味しさにうっとりした記憶が蘇って買ってしまいます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2019年秋、胃がんが発覚し、切除手術を受ける時、「ロボット手術(ダヴィンチ)を選ぶこともできる」と言われ、ほとんど知識も無かった私は、帰宅後、慌てて検索しました。

で、ある程度のことは理解できたけれど、さて、どっちが良いのか?わかりません。

消化器内科医はダヴィンチ推しで消化器外科医は従来の手術推し。

結局、従来の手術を受けましたが、入院中に知り合った少し年上の女性は、大腸がんの手術をダヴィンチでやらせて欲しい~と、私とは別の主治医に頼まれたけど、恐ろしいので断ったと言ってました。

胃がんのダヴィンチ手術は利益が出ないって話もあるし、症例数を稼ぎたいなどなど、必ずしも患者ファーストではない理由でお勧めされたりされなかったりもあるはずです。

それから3年、少しでも安全性がアップするなら・・・とダヴィンチ手術を希望してみましたが、私が通っている病院はロボット支援の手術枠が少ないのか、予約が数カ月先になると言われて断念しました。

同じ腹腔鏡下手術でも従来の手術とダヴィンチでは切る位置が違うようですが、どちらも(高齢者の場合)数年後にはお腹のシワに紛れます(/∀\*)

ダヴィンチで子宮全摘手術を受けた際、膀胱に傷が付き、再手術を受ける方のブログを拝見し、ダヴィンチでもそんなことが起きるんだ?!

ダヴィンチだって絶対ではないのは理解しているけれど、視野が広く、手振れが無いなどなどの利点で、他の臓器に傷を付けたりするリスクはぼほゼロかと思ってたのでちょっとがっかりしました。

ということで、ダヴィンチ手術を受けたことがありませんが、もちろん、受けてみたいわけじゃないので、このまま無縁で過ごしたいと思っています。

昼食は油揚げ煮物(こんにゃく、干しシイタケ、人参、昆布)、かぼちゃバター煮、納豆、焼き鱈子、鶏モモ竜田揚げ(残り物)

夕食は黒毛和牛切り落としのカレー、サラダ(ブロッコリー、きゅうり、スモークサーモン、茹で卵)、無花果とヨーグルト

カレーにするか、ハヤシにするか、牛丼にするか・・・三択でしたが、夫の希望でカレーに決定。

私はポークカレーが一番好き。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム