石油ファンヒーター考

昨日は信号が見えないほどの猛吹雪でしたが、今日はようやく回復しました。

晴天というわけでもないけれど・・・


昨夜、ハピタス経由楽天(上新電気)でファンヒーター送料込み9800円をポチりました。

一番安くて馴染みがあったケーズ電気は数日迷っているうちに売り切れ(´・ω・`)

で、Amazonを見たら上新電気が9726円だったのですが、送料はどうなるのか?と調べているうちに、Amazonお得意の価格変動で9800円になってしまいました

74円とはいえ数分で値上がりしたので、しばらくあちこちネット徘徊してみましたが、また売り切れになるかもしれず、え~い!グズグズしている間にライティングで穴埋めするぞ!でポチったわけです。

(ライティング80円分書きました。)

Amazonと楽天のどちらにするかはまた迷いましたが、期間限定ポイントが200円以上あったので楽天にしました。

200円分のアンケートに応えるのも大変ですからね。


と、まあミクロのレベルでいちいち悩んでいますが、少ないお金を守るには仕方ありません。


結婚後32年経過していますが、最初に買ったストーブはポット式FFストーブで、大家さんから煙突付きのストーブにするように指定されたので購入したものです。

灯油は外のタンクから送油管で送られて来て、ガタイもそこそこ大きく、火力も強く、価格も高めでした。

10年ほど使ったあと東京に転勤になり、煙突付きのストーブは使えませんから廃棄しました。

で、あとの22年はガスストーブも少し使いましたが、ほとんど小型石油ファンヒーターばかりです。


最初に買ったのがシャープでしたが、保証期間内に2度故障して修理、保証期間が切れると同時にまた故障で捨てました。

次に買ったのは三菱でしたが、やはりこれも3年ほどで壊れました。

高くてもどうせ壊れれる~と悟り、次は三洋にしましたがこれが一番長持ちしました。

何気に良い仕事をしていた三洋電機が無くなったは残念(´・ω・`)

次を探していて愕然としたのは、家電メーカーが全て石油ファンヒーター事業から撤退していたことで、あんなによりどりみどりだったのにほんの数社、従来からのストーブメーカーしか製造していません。

それでダイニチブルーヒーターを買い、壊れたのでまたダイニチ、そして今回もダイニチ・・・・

灯油タンクが共通で使えるので便利なの・・・


どのメーカーのどの機種も故障した時に取説が役に立ったことはありません。

本体に残っている灯油を吸い上げて、フィルターを掃除してもゴミなんか出てきません。


今回、故障したことで色々と調べた結果、石油ファンヒーターは長持ちする設計にはなっていないということがわかりました。

ストーブ修理専門業者さんの話では、結局これがネックとなって大手家電メーカーは揃って手を引いたのだそうです。

ああ、そうだったのか~と妙に納得しました。


冷蔵庫などとは異なり、ストーブは使用する環境、頻度、期間など個人差がとても大きいので、使用年数だけでは劣化は計れません。

当たり外れの運不運もあります。

半年で壊れた人も多数いますし、メンテナンス知識と技術があれば部品交換して10年以上使っている人もいます。

ただダイニチのファンヒーターには3年保証のシールが貼ってありますが、フル稼働したら多分3年ほどで部品がダメになる構造なのかもしれません。

それでも3年も持たなかった製品もありますから、保証が長いだけマシ?


灯油はリッター79円まで下がりました。

6月中旬まではストーブを焚きますから、ガスや電気の暖房とのコスト差で9800円はペイできるような気がしていますがどうでしょうかね?

読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
広告
スポンサーサイト
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!