fc2ブログ

母の病状説明



IMG_20230414_201700 - コピー

久しぶりに行ったオーガニックショップで、5個198円の葉が立派な蕪を購入。

昆布ダシで カブの葉のお漬物

シンプルが一番 カブの葉で簡単浅漬け

↑のレシピで、計300gを漬物にし、残りはスープや味噌汁にするため(というか面倒なので)、ザクザク切って生のまま冷凍。

漬物分はそれぞれポリ袋に入れ、メモッた調味料を投入し、重石は必要?と思ってレシピを見直したら、どちらもレンジで加熱後に調味料投入だったw(゚o゚)w

出来上がりに大差無いと信じて、調味料ごと加熱しました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

実家の母は、以前から心臓の影響でむくみはでやすかったけれど、この2カ月ほどでさらにひどくなり、老健と同じ系列、この間まで入院していたリハビリ病院で検査を受け、先日、従姉とその娘(医療従事者)たちと結果を聞いて来ました。

93歳と高齢での骨折、手術で持病が悪化することは容易に想像がつき、むしろよく持っていると思います。

心臓については、年齢的に手術はできないので、むくみを取るための利尿剤を処方して下さり、少しずつ効果は出始めているようです。

心臓も問題ですが、今回のレントゲン、エコー、CT検査で、直腸や肺や膵臓近くに腫瘍らしき影が見つかりました。

元々が心臓の検査なので、腫瘍らしき影についての詳細は、別途検査が必要だけれど、恐らくがんであり、 がんだとしても、手術はできず、治療は抗がん剤と放射線となるが、それ以前の精密検査も含めて、負担が大き過ぎるので現実的ではないとのことでした。

また、それらすべてを含めて考えると、年を越すのは難しいそうです。

その後、緩和ケアを含めた今後のことを看護師さんと面談、母の老健に移動して面会し、老健の看護師さんとも面談。

心身ともにぐったり疲れて帰宅しました。

その後、ウンともスンとも、連絡も寄越さぬ弟に厳しい病状、本人への告知や緩和ケアや、葬儀のこと(3カ月ほど前にも考えるように促したが返事無し)など、実質、介護の中心になっている従姉にも電話で伝えるように言いました。

父の時同様、丸投げする気満々だった弟は、ガミガミ言われたらしく(笑)、GWに見舞いに来るので、相談する時間を取れるか?と電話が来ました。

相談だけなら電話でも、私の上京時でも良いけれど、母だって(大嫌いな嫁さん抜きで)息子に会いたいだろうし、1度くらい顔を出しておいた方が良いので、言われた通りに当地で相談を受けます。

毎年、夏休みには、妻子(子と言っても大学院生)を連れて1週間帰省し、帰省中は母の財布を持って外食三昧。

帰省前には、手土産や着替えなどの嵩張る荷物を着払いで送り付け、帰省後に発払いで送り返してもらう・・・

母はお金が無い無いと言いながら、弟嫁が料理をしないので、普段からせっせと食べ物を送っているのですから、親子関係が格別悪いわけじゃないのでしょうが、夏休みに帰省することが最大の親孝行と思っているかもしれません。


そんなこんな、娘の復職前に、私の子宮体がん経過観察がOKだったら、月半ばから上京するはずだった予定はどんどんズレ込み、その間に娘や息子にも予定が入り、結局、出発は21日になりました。

予約がギリギリなので、いつものホテルもちょっと高めで、最初の2泊は楽天トラベルで予約できませんでした。


昼食はカイワレ大根チーズおかか、厚揚げ照り焼き、鱈子、キムチ、トマト

夕食はのどぐろ粕漬け、蕪と鶏モモ煮物、きゅうりとザーサイ和え物、味噌汁(蕪の葉、えのき、油揚げ)、生姜みそ漬け、不知火

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム