fc2ブログ

金曜の手術&限度額適用認定証



今回、手術日は金曜の午後で、夕方、ICUで目覚めました。

翌日、ICUを出て一般病棟に行く前に抜いたのが、尿管と手首(手のひら側)の注射針で、点滴を継続している手の甲の注射針は静脈に刺しているけれど、手のひら側は動脈なのでうっかり引っかけて抜けてしまうと大惨事になると脅されてた針です。

で、その針を抜くためだけに医師が来てくれたのですが、見るからに頼りないバイトオーラ出まくりな若い医師((((;´・ω・`)))

案の定、見事に止血に失敗しました。

IMG_20221121_221330 - コピー

↑よりは腫れもひき、内出血の範囲も小さくなってきたけれど、触るとまだまだズキッと痛い(っω・`。)

病院の休診前日の手術だと、翌日は非常勤の医師しかいない~というリスクもあるようです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

今回は、入院までの期間が短かったため、限度額適用認定を申請するのもドタバタで、ギリギリセーフのタイミングで病院に認定証を提示できました。

間に合わなかった場合に備え、楽天カードの限度額を増額しておきましたが、認定証さえ届けばいつもの限度額で大丈夫!

とは言うものの、ネットで増額申請し、半日で承認してもらえたのは心強かったです。

子宮、両側卵管、卵巣を摘出する手術にかかった費用は、1,138,170円だったので、限度額を適用した医療費の支払いは88,812円。

この他に、健康保険外となる病院食と個室料金がかかり、合計で15万円弱の支払いになりました。

大きな出費には違いがないけれど健康保険はありがたいです。

胃がんの3年後検診と時期がダブっていたので、腹部単純CTを骨盤まで範囲を広げて造影CTにしたり、腹部エコーと一緒に心臓エコーも検査したりもあり、厳密に費用を分けることはできないけれど、ザックリした計算だと入院費の他に検査費が5万円くらいかかっています。

心臓のエコーが必要になったのは、術前の心電図検査で引っかかったからで、歯が欠けたことを含めて次から次でした。

差し当たって心臓のエコーは大丈夫でしたが、この上、狭心症だったりしたら心療内科を紹介してもらわなくちゃ身が持たなかったでしょう。

退院した翌朝から今度は実家の母のことで電話攻勢で大変大変(´・_・`)


昼食は納豆、茄子生姜焼き、野菜スープ(鶏ひき肉、ブロッコリー茎、人参、じゃがいも、玉ねぎ、セロリ)、きゅうり漬物

夕食は常夜鍋、茹でブロッコリー(マスタード)、玉こんにゃく、きゅうりとめかぶとちりめんじゃこの酢の物、ヨーグルト(苺ソース)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム