fc2ブログ

神のみぞ知る



毎度、嫌な結果ばかりの健康診断ですが、今回は子宮体がん検査で引っかかりました・゚・(つД`)・゚・

今度はそっちかorz

で、ちょうど胃がんの3年目検診が近いので、同じ病院で精密検査を受けました。

消化器がんに比べると婦人科はさほどでもなさそううだけれど、あちこちに通院し、短期間にCT検査を2度受け、ダブルで被爆したくなかったのです。

結局、胃がん検診は腹部単純CTでしたが、骨盤内まで範囲を広げた造影CTに変更し、一度で済ませました。

病名は、子宮内膜異型増殖症だけれども正確なことは切ってみなくちゃわかりません。

異型細胞が見つかると、数年でがんになる確率が高いとか、手術したら既にがんだったとか、色々あり、子宮全摘が第一選択になります。

特に、閉経後ともなれば、内膜を搔爬して様子見は推奨されません。

が、妊娠出産はしなくても不要なわけじゃなく、取ってしまえば腸閉塞を起こしやすくなるなど後遺症は付きものです。

かといって、既にがんがあり、様子を見ているうちに進んでしまいリンパ廓清まで必要になれば、さらなる後遺症の恐れもあります。

やるかやらぬかは自分で決めるしか無いのが辛いところ( ノД`)

結局、やるしかないと思ったのは、ダンピングによる腹痛さえ子宮がんじゃないかと不安になり、ただでさえ乏しい食欲がげっそり減退、内視鏡検査でも胃炎ってなってました。

かれこれ15年ほど前、同級生が子宮体がんで亡くなったことも嫌でも思い出します。

50歳そこそこですから若いです。

今でも選択に自信は無いけど、全摘しちゃえば不可逆なのであまり考えないようにしたいです。

こんな状況ですから、実家の母どころじゃありませんの。

で、申し訳無いけれど従姉に頼り切りになってます。

先々、どうするつもりなのか弟と話し合っているのかも知りません。

積雪地の一戸建ては、介護サービスを利用しても自立のハードルがかなり上がります。

頑張ってリハビリし、骨折以前と同じ程度に戻れたとしても自宅暮らしは無理があり、回復することで介護度が下がれば使えるサービスも減ります。

いつまでも救急病院には居られず、近々リハビリ病院に転院しますが、そこも3ヶ月でおしまい。

問題山積です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム