fc2ブログ

食べ物あれこれ、今度こそのゆで卵殻剥き



やっと早生の「ふじ」が出てきて、これからりんごが美味しくなります\(^o^)/

この前、夫が4個498円で買ってきた「あかね」はひどく酸っぱいうえ、そこはかとなく渋さもあって生食は無理。

が、あかねリンゴのコンポート風を参考にレンジで加熱したら、砂糖も入れてないのに程よい酸味でとても美味しくなりました。

IMG_20221003_233023 - コピー

参考にしたレシピほどはりんごが赤く染まらなかったけど、剥いだ皮に付着する果肉をスプーンでこそげたのがきれいなピンクでした。

これはこれで生とは違った美味しさがあるし、とても簡単なので、八百屋さんで大安売りの「あかね」を見つけたらまた食べたい( ^ω^ )

個人的にはプレーンヨーグルトにはあまり合わないと感じ、次回はシナモンを振りかけてみるつもりです。


カフェで読んだ雑誌の特集が「炒め物」で、ウーウェンがもやし炒めと青椒肉絲を紹介していました。

青椒肉絲は、ピーマン、牛肉、筍の細切りが材料で、牛肉の代わりに豚肉を使うこともある~という認識でしたが、青椒はピーマンのことで、肉絲は細く切った肉なので、肉の種類は問わないそうです。

鶏むね肉と牛肉、2種類のレシピがあり、鶏の方はオイスターソース無しでした。

青椒肉絲はcook doを使うこともあるけど、面倒なのは細切りと下ごしらえなので、コストアップの割には楽ができません。


以前、クリニックで、毎日卵を2個食べるように言われた時、最初は楽勝でした。

が、どんどん嫌になり、卵を食べねばならぬと思っただけで食欲減退。

あれから色々あり、相変わらず卵は苦手ですが、手軽に栄養を摂れる優秀な食材なので、できるだけ頑張って食べてます。

昼食の支度は、夕食ほどの覚悟も持てず、簡単にタンパク質を摂取するには卵が便利です。



麵つゆに戻れない・・・かどうかは別として、↑のつけ汁はあっさりめで、かつお風味に飽き飽きしてた私にはピッタリでした。

麺つゆよりちょっと手間は増えるけど、飽きるまでは頑張ります。

で、以前も書き、コメントで秘訣も教えてもらったゆで卵の殻むきですが、失敗してボロボロになったり、成功したり、成功して安心したらまた失敗したり・・・でした。

ギャル曾根ちゃんの動画を見て、



卵のお尻にヒビを入れてから茹でるのも何度か試したけれど、ヒビから膨張した中身が飛び出し、殻をきれいに剥く以前の失敗に終わりました(;д;)

が、がっつりヒビを入れることで剥きやすくなるなら、

kawauchi_2ekk33555.jpg

100均の穴あけ器でたくさん穴を開けたらどう?

以前は1つしか開けてなかった穴を4~5個に増やし、水から卵を入れて火をつけてから10分30秒。

水で冷やし、丸みのある方から流水を殻と白身の間に入れるようにしながら剥くのが、今までで一番失敗が無いです。

黄身がトロトロしすぎなのは切りにくいので半熟が好みです。

卵の大きさや火加減によって茹で時間は変わるでしょうが、食べるのは私と夫だけなので細かいことはこだわりません。

これはこれで個人的には解決しましたが、ネットにはたくさんの殻むき技が紹介されています。

目に付いた技はほとんど試しましたが、みんなは上手く剥けているのに私はボロボロ・・・の差は何だったのか分からず、ご近所で売っている卵がダメなのかと思いました。

いまだに私だけダメな原因は解明できませんが、殻剥きでイライラが無くなって良かったです。


昼食は煮卵、オクラ納豆、かぼちゃ煮、ちりめんじゃことくるみ、メロン漬物、葉唐辛子佃煮

夕食は紅鮭焼き、山菜煮物(笹竹、蕗、蕨、人参、しいたけ)、ポテトサラダ、味噌汁(小松菜、油揚げ)、キムチ、メロン漬物、キウイとヨーグルト

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム