fc2ブログ

色覚異常



昨日は6588歩。


税抜き表示にもようやく慣れた今日この頃、総額表示が義務付けられました。

が、税抜き価格のみ大きく表示し、横や下にごく小さく税込み価格を表示している店もあり、混乱して価格の比較がしづらくなりました(´・ω・`)

マクロミルでお買い物モニターをさせていただいてるので、個々の商品の価格を嫌でも見直し、税込み価格のつもりで買ったのに税抜き価格だった商品もチラホラ・・・

結局、消費者の目くらまし表示であることに変わりなく、騙された気分になってしまいます。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

「色覚異常の自覚がない人」急増…40人に1人はこう見えている

息子の幼稚園時代の仲良しK君が色覚異常とわかった時、K君ママは色々と腑に落ちることが多かったそうです。

子どもの言うことだから・・・を差し引いても、色にまつわる会話で「?」と感じることがあり、そうとわかれば「なるほど」に変化。

さらに、身内でその話をしていたら、K君ママのお兄さんも色覚異常だったそうで、K君ママが保因者だったのでしょう。

ちなみにK君の弟には異常がありませんでした。

娘の中学時代の同級生、成績が超優秀な男の子もやはり色覚異常だそうですが、40人に一人なので、公言しないだけでもっといるはずです。

色覚異常とか色という言い方が差別的なのは確かですが、10人に一人の左利きだって、改札やレードルの注ぎ口など、何かと不自由なのですから、ほとんどの人々と見え方が違うのは不便なこともあるはずです。

努力や訓練でどうこうできるものでもなく、K君ママも眼科医に変な方向に頑張らぬように釘を刺されたそう・・・

色覚異常は伴性遺伝ということもあり、昔のように衆人環視の中での検査は問題があります。

が、就けない職業もあるので、色覚異常=個性で割り切るには無理があり、就職試験の最終的な身体検査で不合格だと二重にショックを受けます。

ちょっと手間でも、個別に保健室などで検査をすれば済むことで、検査をしなければ、わからなければ無いと同じというのも乱暴な気がします。

一方、遺伝のパターンがはっきりしているだけに、保因者が辛い思いをすることもありそうです。

2016年から小学校で任意の色覚検査が奨励されることになったそうですが、任意であってもプライバシーに留意し、どの小学校でも実施できるようになればいいなぁと思います。

女性の保因者は10人に一人・・・とはいえ、身の周りに色覚異常と判定された人がいなければ保因者であることを自覚できません。

K君ママだって、K君の診断が出てから初めて知ったことです。

これからどう変わっていくかはわかりませんが、自分の体のことですから、知りたい人は早めに知ることができるシステムになって欲しいです。


本日は夫が休みで昼食はとろろそば

夕食は肉しゅうまい(冷食)、ほうれん草おひたし、卵と生きくらげの中華炒め 、みそ汁、グレープフルーツ

 訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム