fc2ブログ

ジェネリック薬の闇



昨日は6224歩。

実家の母用の年賀はがきを印刷して発送し、やれやれ~と思った今朝、他のデザインも足したいと電話w( ̄o ̄)w

すでに発送したので遅いです。

もちろん、5種類目のデザインを追加することは可能ですが、これからまた印刷して発送、不足分のはがきを買い足し・・・なんて年の瀬にお断りよ~まだ、自分の年賀はがきも手付かずなのに、実家の年賀はがきばかりにかまけていられませんって!

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

おおたわ史絵氏がジェネリックの死亡事故に言及「医師はこんな事故が起こると不安に思っていた」

医療費削減のために強引にジェネリックをお勧めされるけど、ちょこちょこ事故が起きます。

どれもざわっとする事故ですが、今回の被害はとてもひどい・・・

睡眠導入剤混入、検査で見抜けず 水虫薬服用の患者死亡

なぜこんなことが起きるのか、なぜ検査しても見抜けない(検査していない)のか。

多数の死亡事故まで起こして十分な補償はできるのでしょうか。

社長小林広幸、副社長小林順子って、家族経営が大きくなった感じ?

と思ったら、何とタイムリーなことに、今年、オリックスと提携していました。

上からのお達しもあるのでしょうが、調剤薬局はジェネリック推しが激しく、(ブログにも文句を書いたけど)秋に膀胱鏡検査を受けた後に服用する抗生剤は、「ジェネリックは使わない」にチェックを入れたのに勝手にジェネリックを処方されました。

強くお勧めされれば、懐にも優しいので「ジェネリックいいです」となるけど、世のため人のため、「ジェネリックいいです」って人は多くないと思うし、医療費が無料、無料同然な方々は拒否することが多いという話もチラホラ・・・

必ずしもジェネリックが劣っているとは限らず、容器を工夫することで防腐剤を入れてないジェネリック目薬などもあります。

眼科の門前薬局は、感じも良くないし、クレカは使えないし・・・決して好きではありません。

が、ほぼほぼ顧客は1軒の眼科の患者のみで、処方するジェネリック点眼薬は医師が把握しています。

で、しっかり動向を見極めてからジェネリックをお勧めしてくるので、1日も欠かさず点眼しつづける緑内障の薬は、門前薬局で処方してもらうのが身のためかな・・・と思っています。

同じジェネリックメーカーの目薬を取り揃えている調剤薬局もあるはず・・・だけど、確認してからじゃないとあちこち彷徨うことになり、確認するのも面倒くさいので、感じ悪さを我慢我慢(´・ω・`)

小林化工は本当に杜撰な体制で製薬していたようですが、ジェネリックが安いのは、ダブルチェックもせずに薬剤を継ぎ足したり、製品検査をすっ飛ばして経費を削減しているお陰もあるのでしょう。

小林化工の薬で1人死亡133人被害

交通事故も16件あるので、間接的な被害もありそうです。

福井県の会社なのに、県内には流通していないので被害ゼロなのは、元々地元人気が薄い会社なのかと勘繰ってしまいます。

イトラコナゾール錠50の先発品は1錠262円で、ジェネリックは113.9円なので、3割負担で1か月服用すると1000円ほどの違いです。

後発品は小林化工を含めて3社、ほかは日医工と科研薬で、大きければ良いとは限りませんが、会社の規模が違います。

ジェネリック処方を承諾すれば、その先は薬局や医師任せでメーカーまでは選べません。

もし選べるとしたら、今回の事件が無ければ名前も知らない小林化工の薬を選ぶ人は少ないのではないでしょうか。

爪水虫の薬だからわかりやすいでしょうが、元々副作用が強い抗がん剤や命ギリギリで使う薬だったら、異物混入で体調が悪化してもわからないかもしれません。

発がん物質が含まれたジェネリック胃薬が問題になった時は、販売する10社全て中国やインド製の原薬を輸入し、国内で錠剤に加工するだけの日本製であることが明らかになりました。

政治家や厚労省は、ジェネリックが安いのは、新薬の特許が切れたからだと強調するけど、それ以外の理由もたくさんあるのでしょう。

どっちにしても、元々あまり高くもなかったジェネリック薬の信頼度がガックリ下がる事故でした。

本日の夕食はお持ち帰りぎょうざ、野菜炒め、みそ汁、漬物、りんご

休みな夫が、ぎょうざを買いに行くそう~なので、野菜と汁物とごはんを準備。

 訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム