自営業とサラリーマン

年金本を返却してきました。
長いことありがとうございます

返却期限は明後日でしたが、明日は図書館が休み、明後日の天気予報は雪(´・ω・`)

今日しか無い!

ついでにクレジットチャージして督促状が来ていた固定資産税も納付してきました。

:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜☆' .:*:・'゜

夫の一族は舅の妹(夫の叔母)が銀行員に嫁いだ以外は親戚(やたら多い)は全部自営業でした。(過去形なのは老齢廃業多し)

一方、私の一族は母の兄が工務店を経営していた以外は少ない親戚全部勤め人でした。

実家が勤め人だと自営業のお金の勘定はちょっと想像がつきません。

姑はサラリーマンはみみっちくてけち臭い、サラリーマンが持ってくる菓子折りは小さくて分けようがない~などと勤め人を馬鹿にする発言をしましたが、自営業以上に稼ぐサラリーマンもたくさんいます。

私たちの結婚当初、夫の親戚であるA家では夫はベンツ、妻は国産車を乗り回し、ブランド物に身を固めていましたが、収支は赤字に調整しているとかで子どもの私立幼稚園保育料は市から補助金が出てタダだったそうです。

見栄っ張りな姑は幼稚園に貧乏申告することは良くないと言っていましたが、そういう義実家だって私用で乗り回す高級セダンは会社の車だし、食事に行けば領収証をもらっていました。

食料品や日用雑貨を商っている親戚も同様で、飲み食いするものは普通に店から持ってきていました。

ただ、それもこれも儲かっているからこそのことで、10万円しか利益がなければ、その全てを経費として申告したところでお金は増えることはありません。
万一、赤字なら社用で乗り回した車の経費も個人の蓄えから出すしかありません。

サラリーマンの良さは最低賃金以下にはならないことと廃業(退職)のときお金がかからないところかな?
けち臭くてもみみっちくても・・・ね。

年金について調べているとき、普通に働いていれば国民年金保険料は負担に感じる金額ではないと書いているFPか社労士がいました。

第1号被保険者は安定した自営業者だけではありません。

カツカツで綱渡りな自営業者も最低時給+αで働く厚生年金未加入者もいます。

負担の感じ方は個人差があるでしょうが、1万5000円超の毎月の支払いを負担に感じない人はそんなに多くないような気がしますが、そんなことないのかしら・・・

とんかつ屋がラーメン屋になり調剤薬局になる
酒屋がレンタルビデオ店になり老人施設になる

通りすがりの者には「あらら?また店が変わってる!」ですが、経営者にも生活があり、廃業後に借金が残った人もいるはずです。

自営業には定年がありませんが、姑が言うほどうま味ばかりでもないとは思っています。

お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!