fc2ブログ

待たされる?待てばいい?



昨日は、去年の初夏、生のキクラゲを買った店に今もあるかどうか見に行きました。

是非必要ってわけじゃないけど、無理やり絞り出した用事です。

が、たどり着いたら日曜日がお休みな店でした(T_T)

帰路は少し遠回りして、行ったことが無いドラッグストアパトロール、ベーカリーで夫用パン、個人商店で少しの野菜を購入。

DSCF9012 (1) - コピー

富良野産のアスパラが1袋158円でした。

富良野だって観光はボロボロだよね。゚(゚´Д`゚)゚。

途中で喉が渇き、コンビニでジュースを買って、マスクの隙間からストローを入れてゴクゴク。

かなり疲れたのに8088歩で1万歩には届きません。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

チャンネル登録している腫瘍内科医の押川勝太郎氏のyoutubeを見ていたら

「待たされる」ことを不満に思う患者さんが多いけれど、逆に言えば日本の場合は「待てば診てもらえる」ということ~と仰っていて、なるほどなぁと思いました。

医療制度が違えば、先進国だって検査や手術が半年、1年待ちになることもあり、患者は不満なだけでなく不安です。

私の場合、予約時間に行ったのに2時間も3時間も待たされたという経験は無く、一番待つのは検査と診察の間で、これは仕方がありません。

売店で買い食いをしつつスマホチェック、入念なマンウォッチングで時間を潰します^^;)

中国の場合、性懲りも無く不潔な環境で野生動物を食べ、またしても感染症を世界中にまき散らしたニュースを見てもあっさり信じられます。

中国の場合、急激に感染症を抑え込んだニュースを見ても1ミリも信じられません。

バッドニュースはすぐ信じ、グッドニュースは全く信じられないということです。

何せ、高速鉄道事故では被害者ごと高速で埋めてしまうお国柄だもん、習近平さんがコロナ終息と宣言すれば、不都合な患者は・・・

一方、イタリアの医療崩壊と死亡率の高さはショックでした。

心筋梗塞や脳梗塞を起こした人はちゃんと治療してもらえてるのでしょうか。

日本だって、いつああなるかわからないってことが怖いです。

マスク、消毒液、防護服、人工呼吸器・・・世界的に不足しています。

そのためには集団感染を防ぐことが大事で、K-1や宝塚はどう考えているのかなぁ・・・


でかけた後、手洗いや嗽を済ませてから、ドアノブや照明スイッチなどの触った場所をアルコールティッシュで拭きます。

アルコール濃度は低いけれど、取り敢えず拭き取ることには意義があるはず!

で、ケチなので、ついでにそこここも拭いてから捨てます。

お陰で、細かな場所がきれいになってきました( *´艸`)

本日の夕食は常夜鍋豚キムチ、茹でアスパラ、みそ汁、大根漬物、つくだ煮

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム