fc2ブログ

入院加算



昨日は午前中ゴロゴロしていたので1573歩。

夕方から、息子夫婦が健康づくりセンターに連れ出してくれたので、一通り運動して、歩数不足はOK。

息子、嫁子ちゃんはそれぞれ別の場所に向かい、私は終了後はバスで帰宅しました。

予想通り、トレーニングマシンの使い方はうろ覚え未満で、目盛りの合わせ方はもちろん、足をバーに乗せるのだかどうかも忘れていました(;д;)

その都度、指導員さんのお世話になりましたが、付きっ切りというわけじゃないので、フォームが正しいかどうか自信が無いです。

そして本日、息子は趣味のスポーツの試合、嫁子ちゃんはスイミングとショッピング、夫はスポーツクラブへでかけ、私は大・大・大好きなぼっち

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

「えっ!もう退院?」背景にある病院の綱渡り経営

私の場合、入院期間は2週間が目安でしたが、グズグズ言って19日間入院しました。

(術前1日、手術当日、術後17日)

手術によっては、術後4、5日、点滴が外れるやいやな退院もあるようで、あっという間に病棟の主です。

実際、色々な管が外れ、量は少しでも普通食になり、血液凝固を防ぐための朝晩の注射が終わると治療らしい治療は無くなります。

入院から退院までの平均在院期間は短期化している。退院した患者の平均在院日数は、02年の37.9日から、17年には29.3日まで減った。(記事より引用)

この15年間で8.6日減っているけれど、これを多いを見るか少ないと見るか・・・

一般病棟の場合、加算額は、1~14日は1日当たり4500円。15~30日は1920円。31日以降は加算されなくなる仕組みだ。(記事より引用)

私がグズグズ居座った2週間以降は加算額が大幅に減額(゚∀゚)

 厚生労働省の第22回医療経済実態調査(19年11月発表)によると、民間の医療法人が運営する病院の18年度の利益率(損益の差額)は2.8%。前年度より0.2ポイント改善したものの、近年は1~2%台という「ギリギリ」の経営が続く。  一方、入院診療収益のない医療法人の診療所の利益率は6.3%、個人経営の診療所にいたっては30.4%という高水準だ。つまり、入院医療は他の医療に比べて、収益性が低いのだ。(記事より引用)

個人経営の30.4%とはエライ違いです。

収益だけでなく、個人病院は365日、24時間対応する必要も無く、時間外は留守電設定でOKです。

皆が皆、30.4%の利益を確保できるはずは無いので潰れるクリニックもあるし、保険外診療(高濃度ビタミン点滴やら血液クレンジングやら脱毛やら)にやたらと力を入れている広告も見かけます。

退院後は、普通の生活をすること=リハビリなのでしょうが、なかなか理想通りには参りません(´・_・`)

痛いものは痛いし、苦しいものは苦しいのじゃ!

入院中は自分の体調オンリー、回診や食事の時間を考えつつウォーキングしたりシャワーを浴びたりできるけど、退院すれば買い物に行かなくちゃ食べる物も無い。

でもまだ私はマシな方で、退院するなり老々介護が待っていることもあるし、高齢者の場合だと自立が難しくなってしまっている可能性もあり、子どもが同居するにしても、訪問介護を利用するにしても、施設入居を考えるにしても2、3日で対応はできません。

精神疾患はほぼ横ばいで300日、アルツハイマー病はむしろ増えて250日ですが、受け皿を考えると暗澹たる思い・・・

精神科ではないけれど、昔は「〇〇に入院したら生きては出られない(何だかんだで延々と入院が続く)。」という陰口も時々聞きました。

真偽のほどは不明ながら、徒歩圏内にもそんな病院が2軒あります。

もしかしたら一旦退院して、再度加算~などの裏技があるのかもしれません。

実家の母の友人のご主人は、脳梗塞の後遺症で軽い失語症と片側麻痺が残り、それから亡くなるまで10年以上、ずっと個人病院にお願いして入院していました。

今は入院設備がある個人病院は少ないし、「家に帰って来られても困るから」という理由で10年以上入院するのは難しいでしょう。

大きな病院となると、常駐しているソーシャルワーカーの出番になるのでしょうか。

綱渡り経営で待遇が悪くなれば優秀なスタッフは逃げちゃいそうだし悩ましいところです。


本日の夕食は息子夫婦と4人で和食ファミレス。

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム